FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
立ち乗り   ◆Mの訓練日記
「Mの訓練日記」、今日は91回目、第100回まであと残り10エントリーを切りました。
このまま順調に更新が続けば5月7日に100回達成です。

第100回では何かが起こるかも。。。

って今のところ何もありません。しかし何かイヤな予感が。。。


面白いニュースを見つけました。

エアバスで現在「立ち乗り」シートの研究が進んでいるようです。
お察しの通り、立って乗る飛行機です。

吊り革につかまって本当に立ったままという訳ではなく、駅のホームにあるような立ったまま寄りかかる「簡易腰かけ」の様なシートを研究しているようです。
もちろんシートベルト装備で1時間~2時間の短距離路線用です。

メリットはシート前後の間隔が狭くできる事による輸送効率アップ。
そして緊急時の脱出も立ったままだから容易になるとかならないとか。

でも欧米人と比べて身長の低い日本人だったら腰の位置が低いからチョット苦しいかも。

個人的にはこのアイデアとても面白いと思うのですが、乗客としてだと立ったままはチョット。
たとえ1時間のフライトでも普通に座りたい。と思うのは私だけ?
でも料金が破格に安くなるのであれば、考えてもいいかも。


東京-大阪間2,980円とか。


それはありえないか。

いっそのこと山手線みたいにお客さんが多い時間帯には全席立ち席になって、少ない時には座れるようになる座席が開発されればすごいと思う。
同じ機材でも朝のビジネス利用が多い時間帯は立ち席オンリーにして座席数を増やして、昼間の空いている時間は通常の座席に簡単に変えられるシート。

チェックインの時、

「隣が空いている席があればそこがいいんですけど。」

「お客様申し訳ございません。本日満席のため、シルバーシート以外全席立ち席になっておりますがよろしいでしょうか?」

「シルバーシート?立ち席?」


あるいは補助席のついた飛行機。

「通路側の席は空いてます?」

「お客様申し訳ございません。本日満席のため、通路上の補助席しかご用意できませんがよろしいでしょうか?」

「通路上?補助席?」


あるいは、

「今日はすいてます?」

「お客様申し訳ございません。本日満席のため、こちらのお客様との相席でよろしいでしょうか?」

「あぁ、どうも。。。よろしく。。。」


チェックインカウンターではそんなやり取りが展開されそうです。

原油高騰の影響で航空運賃値上げは避けられない状況になってきました。
航空会社としてはこの状況を乗り越えるためにも、経費を抑えて何とか搭乗率を上げたいところでしょう。
我々消費者も運賃の値上げは望むところではありませんから、この「立ち乗り」シートは意外と実現したりして。

ちなみにまだどこの航空会社も導入する予定はないそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。