FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
超画期的玩具   ◆Mの訓練日記
8月最終日ですか。
夏休みの宿題に追われている学生諸君も多いことでしょう。
日記を書き忘れて、夏休みの最後にまとめて書いていたのは私です。
7月23日は晴だっけ?曇りだっけ?
って、1ヶ月以上さかのぼって天気を思い出してました。
でも最近の小学生は、インターネットで夏休み中の毎日の天気を調べられるらしい。


昨日の話の続きになってしまいますが、まだ「竹トンボ」の話。

今の子供達はどうか解かりませんが、私が小学生だった頃は、図工の授業かなんかで竹トンボを作りました。
その時は、「竹トンボは何で飛ぶんだろう?」なんて考えもしませんでした。
どこか頭の中に、「竹トンボは飛ぶもの。」って先入観があり、なんの疑問も抱かなかった小学生の頃。
それが30歳になった今、「おぉ~っ、なかなかよく出来ている。」って感心させられます。

「羽」の形や回転方向に対して付けられた迎え角、シンプルなデザイン、それ故に作り方も簡単。
個人的には超画期的な玩具であると思います。

しかし私エムが一番感心する点は、「回転させる」という事。
紙飛行機のように投げるわけでも無く、凧のように紐を付けて引っぱるわけでも無い。
回転させるのです。
回転する事により羽に風が当たり、揚力が生まれるのはもちろん、それ以外にも回転によって竹トンボの姿勢が安定します。
ジャイロと同じです。
果たして「竹トンボ」の開発者は、一体何からヒントを得たのでしょうか?


今日のニュースです。

エアカ○ダ・ジ○ズのキャプテンがフライト中にトイレから戻ろうとしたところ、ドアの鍵が壊れて開かなくなり、コックピットから閉め出されてしまいました。
その時は副操縦士がコックピットに残って操縦していたのですが、閉め出されたキャプテンは客室乗務員と工具でドアを取り外し無事に事無きをえました。

まぁ、フライト中にトイレに行くのは全く問題ないわけですし、ドアの鍵が壊れて開かなくなったのは誰の責任でもないでしょう。
緊張の続く航空業界、たまにこんな間の抜けた笑い話?も。。。アリ?

知り合いの某エアラインパイロットは、たまに携帯電話のスイッチを切り忘れることがあります。
先日その人の携帯に電話したところ、

「あとで電話する!」ガチャッ!

って、とても焦った様子で電話を切られました。
後日電話がかかってきて、

「タキシング中だった。」

って。。。オイッ!

その人も人間です。完璧な人はいません。


最近のニュースによると、将来的には飛行機の機内で携帯電話の使用が可能になるらしいです。
でも、まだ今は、携帯電話の電源は切りましょう。
スポンサーサイト
竹トンボ   ◆Mの訓練日記
8月も残りあと2日です。
昼間はそこそこ暑くなりますが、夜になると、そこそこ寒くなるバンクーバーです。
昼夜の気温差が激しいせいか、私の周りでも風邪をひく人がちらほら。
そんな、秋の気配が漂うバンクーバーから、今日も「エムの訓練日記」。
略して「エム訓」。


忘れてしまった方も多いと思いますが、以前この日記上に私が勝手に登場させた、北陸出身のS君。
バウンダリーベイ空港にあるフライトスクールで訓練している北陸出身のS君です。
ココで私が勝手に、頼まれもしないのに彼女を募集してあげたS君です。
そのせいかどうか、今は彼女がいるらしい北陸出身のS君です。

そんな北陸出身のS君と昨日、久しぶりに会いました。
たまたま、偶然、空港から家に帰るときに彼の車で送ってもらったのです。
道中の車内で他愛も無い会話をしていたのですが、S君は偶に私が考え付かない様なことを突然言います。

車の中にあったボーイング747-400の1/400スケールモデルを手にとって、

「この飛行機、走行中の車の窓から外に出したら飛ぶかなぁ?」

飛びませんでした。

関空が毎年10センチほど沈下している事で、

「着陸時のアプローチがズレちゃうね。」

彼のアプローチは±10センチ以内の誤差で着陸するのかぁ。。。フツーにスゲェ!

そんな彼が言った、興味深い一言

「竹とんぼって日本人の発明かなぁ?」

おぉ~っ。
考えてもみませんでした。
「竹とんぼ」って誰が発明したのでしょうか?
あれはまさしくプロペラです。
ヘリコプターの遠~い先祖かもしれません。

調べてみました。

ウィキペディア・フリー百科事典には、平賀源内が作った。という説と、奈良時代の遺跡から類似のものが発掘された。と2つの説が書かれています。
中国やヨーロッパから伝わって来たとは一切書かれていないところを見ると、どうやらオリジナルは日本のようです。

仮に、奈良時代の遺跡から発掘された物が「竹とんぼ」だとしたら、シルクロードを通って中国やヨーロッパにも伝わっていたかもしれません。
空飛ぶ玩具「竹とんぼ」に当時の中国人やヨーロッパ人が興味を示さないはずが無い。
もし「竹とんぼ」が奈良時代、もしくはそれ以降にヨーロッパに伝わっていたとしたら、現在でも似たような玩具が世界中に普及している事でしょう。が、それらしい玩具は「竹とんぼ」以外見当たらない?
しかも、そんなむかしに「竹とんぼ」がヨーロッパに伝わっていたとしたら、レオナルド・ダ・ヴィンチはもっとマシなヘリコプターの図案(昔の全日空のマーク)を書いていた事でしょう。

もう一つ、仮に平賀源内が「竹とんぼ」の発明者だったとしたら、彼はダ・ヴィンチよりもセンスがあったんでしょう。

という事で、どちらにせよ「竹とんぼ」は日本の玩具。


ちなみに「竹とんぼ」の名前の由来は虫の「トンボ」ではなく、「竹飛ぶ棒」、「竹飛ぶ坊」が由来らしい。

ドラえもんの「タケコプター」は最初「ヘリトンボ」と呼ばれていたらしい。
ちなみに「タケコプター」の飛行原理は「竹トンボ」のそれとは違い、反重力場により飛行を可能にしているらしい。
GE社製冷蔵庫   ◆Mの訓練日記
うちの冷蔵庫はGE(ジェネラル・エレクトリック)社製です。
ボーイング777-300ERが装備する史上最大、最強のエンジンGE90-115Bを作った会社のジェネラル・エレクトリックです。

でもこのジェネラル・エレクトリック社製冷蔵庫、水漏れします。

そのうち止まるだろうと、1年放置しましたが、水漏れは止まりません。

そこで、修理してみる事に。
修理屋を呼べばいいのですが、お金がかかるし、修理中に冷蔵庫が使えないような事態になれば、餓死しかねません。

ならば、自分で直すしかない。

飛行機のエンジンを作っているジェネラル・エレクトリック社製の冷蔵庫なら、私でも直せるかもしれない。


ヒコーキ繋がりで。


そんないい加減な理屈で、冷蔵庫を修理する事に。
調べた結果、水漏れの原因は冷蔵庫内に溜まった湿気だと判明。
本来、冷やされた湿気は水になり、排水溝を通って外に排出されないといけません。
しかし排水溝の何処かが詰まっているようです。
そのために水は冷蔵庫内に溜まり、外へ漏れ出している。
ですから単に排水溝の詰まりを直せば、水漏れは解決です。
しかし問題はどうやって詰まりを直すか。
排水溝が何処へ繋がっているかによっては、修理屋を呼ばなくてはいけません。
とりあえず、冷蔵庫を動かして裏側をチェック。

なんてことありませんでした。

排水溝は冷蔵庫の裏側から出ているホースに繋がっています。
ホースは冷蔵庫の下へ伸びて。。。


その先、何処にも繋がっていません。


ホースを通った水は何処へ行くの?

疑問に感じながらも、とりあえず掃除機でホースの詰まりを吸い取ってみました。
掃除機で吸い取った瞬間、スポッ!って音がして、溜まっていた水が排水溝からホースを通って流れてきました。
そしてその水は、下にある受け皿に溜まる仕組みのようです。
で、受け皿に溜まった水はどうなるかというと。。。


自然蒸発を待つのみ。


ん。。。
これで良いのか?
水の行き先が代わっただけじゃん。

ジェネラル・エレクトリックのテクノロジーに驚きました。
お気に入りブログ   ◆Mの訓練日記
昨日からの流れをブッタ切って、何も無かったようにフツーに日記を更新しようと思います。

正直、昨日の「ヒコーキ教室」に出てきたエムお兄さんは、私のキャラじゃないです。私をよく知っている人なら、「こんなエム、絶対ありえない。」と思われるでしょう。

読み返してみて、一人で恥かしがってます。


飛行機は何で空を飛べるのか?


これは今まで意図的に避けてきた話題です。
なぜなら私自身よく解らないから。
教科書には、ニュートンの法則やベルヌイの定理なんかが出てきます。
イッチョ前に物理の法則や計算式を使って説明はできますが、本当のところよく解りません。
よく解らなくても、免許は取れるので。。。

インターネットという便利なものができて、何でも簡単に調べられるようになりました。
私もこの数ヶ月、いろいろな調べ物をしましたが、飛行の原理というものについては、これといった答えが見つからない。
まだまだ謎な部分が幾つかあるようです。
というか、いろいろな議論がされているようです。
いまだにNASAでは飛行の原理の解明が続けられているとか、そうでないとか。

なんだ、みんなよく解ってないんじゃん。

神はサイコロを振らない。

って、アインシュタインの言葉でしたっけ。
無宗教な私は神の存在自体よく解らないのですが、人間にはまだまだよく解らないことが沢山あるってことでしょうか。
全ての自然現象は法則に従う。
私もそう思うのですが、法則がよく解らなければ、自然現象も解明できません。

飛行機が空を飛ぶのも、不可解な自然現象の一つなのでしょうか。


この「Mの訓練日記」も不可解な日記です。
法則性が何も無い。

不可解です。

なので、私のお気に入りブログを紹介します。
どうなって「なので」なのか不可解ですが、紹介します。

カナダでフライトスクールに通うZnさんのブログ。
私は何故かZnさんのブログに癒されてます。
そんな癒し系なブログ、

Zn's Daily Life

オススメします。
ヒコーキ教室 低学年編の続き   ◆Mの訓練日記
パソコンの前のお友達!こんにちは~!
(こんにちは~!)
今日もお兄さんと一緒に、ヒコーキについて勉強してみよう!
ハ~イ!
おっ!りえちゃん元気が良いねぇ。
あきた。
さとしくん、あきるにはまだまだ早いぞ!

きのうのふくしゅうをチョットしてみよう。
ヒコーキが前に進むと、ヒコーキについているつばさは空気を下に押し下げる。空気がつばさに押し下げられたとき、その空気はつばさを押しかえそうとして、つばさを上へ持ち上げる。
この空気がつばさを上へ持ち上げる力のことを『ようりょく(揚力)』ってよぶところまで勉強したね。
ヒコーキが重いと、ようりょくはたくさんいるね。
りえちゃんの言うとおり、ヒコーキが重ければ重いほど、揚力はたくさんひつようになってくる。
つばさがたくさんの空気を押し下げなあかんのや。
そう、そう。たくさんの空気を押し下げるほど、揚力は大きくなるね。
じゃ、どうやったら一度にもっとたくさんの空気を押し下げられるかな?
つばさをもっと大きくする!
そうだね!それから?
それから?
それから、なんやねん?
スピードを速くするんだよ。
スピード?
つまり、ヒコーキがもっと速く前に進めばいいんだね。

ヒコーキがもっと速くすすめば、もっとたくさんの空気を押し下げられるの?
そういうことだよ。
ん~?
チョットむつかしいかな?
ん~?
じゃ、学校でのそうじの時間を思い出してみよう。
そうじはキライや。
そうか、さとしくんはそうじがキライか。
じゃ、りえちゃんにホウキを使って、教室のそうじを一人でやってもらおう。
え゛~、マジむかつく。

一分でどれくらい教室の床がきれいになった?
半分の、半分くらい。
そうか。4分の1くらいってところか。
それじゃ、今度はさとしくん。
イヤやって言うてるやん。
やってみよう♯
しゃーないなぁ。

一分でさとしくんはどれくらいそうじできた?
教室の半分や。
おっ!すごいねぇ。これからそうじはさとしくんの仕事だな。
いっつも家でやってんねん。
そうか。。。

それじゃ、りえちゃんとさとしくんのそうじの仕方のちがいはなんだろう?
おれの方が掃くの速いで!
そうだね!さとしくんのほうがホウキを動かす速さが速かったんだね。
だから同じ一分でも、りえちゃんの2倍のゴミを掃くことができたんだね。
ホウキがもっと大きかったら教室全部きれいにできたで。

ヒコーキのつばさも同じこと。
前にすすむ速さが速くなればなるほど、つばさはもっとたくさんの空気を掃く、つまり押し下げることができる。
だから、揚力ももっとおおきくなるんだ。
つばさも大きくして、もっと速く飛んだら、もっと、もっと揚力は大きくなるんか?
そうだね、とても大きな揚力になるね。
ジャンボジェットのつばさは大きいし、前にすすむ速さもメッチャ速そうやな。
そうだね、飛行場から飛び立つときの速さは新幹線くらい速いね。
おぉ~っ

でも、揚力は大きければ、大きいほどいいの?
りえちゃん鋭いねぇ。
ヒコーキのつばさを押し上げる力の『ようりょく(揚力)』はヒコーキの体重を支えられるだけで十分なんだ。
ヒコーキの体重が1トンだったら、揚力は1トン持ち上げられる力があればいい。それ以上の力はいらないんだね。
フゥ~ン。
それは、あれか?ヒコーキのつばさをそんなに大きくせんでも、スピードを速くしたらええってことか?
そう!その通り。
逆にいえば、つばさを大きめにしておけば、スピードはゆっくりでも良いってことだね。
ツバメのつばさが小さいのは、ツバメが速く飛ぶから?
そうだね!ツバメは速く飛びたいから、つばさを小さくしたのかもしれないね。
そうじとおんなじで、あんまりホウキが大きいと、速く掃くのはしんどいからなぁ。
どれくらいの重さのヒコーキを、どれくらいの速さで飛ばしたいかによって、つばさの形や大きさがかわってくるんだね。
ジャンボジェットみたいな重そうなヒコーキ飛ばすには、あんなにゴッツイつばさを新幹線くらい速く走らせなアカンのか。
たいへんやなぁ~。

だからエンジンが4つもついているのかもね。

ふたりとも、だんだんわかってきたみたいだね!
~。
なんとなぁ~く。

じゃ、まとめてみよう。

ヒコーキのつばさは空気を押し下げながら前にすすむ。
すると押し下げられた空気はつばさを押し上げようとする。
この押し下げられた空気が、ヒコーキのつばさを押し上げる力のことを?

ようりょく!

じゃ、ようりょくはどうやったら大きくなる?

つばさを大きくする!

それから?

ヒコーキのスピードを速くする!

ようりょくはどれくらいの大きさがひつよう?

ヒコーキの体重分だけひつよう!

速く飛べるヒコーキほどつばさの大きさは?

小さくても良い!

つばさが大きいヒコーキほどスピードは?

ゆっくりでも良い!

そーゆー事にしといたるわ。
ボコッ!
ウッ。。。

これでみんなのじゆうけんきゅうはバッチリだね!
まだわからないことがあったら、エムお兄さんに何でも聞いてくれ!

それじゃ!さよ~なら~!











おつかれさまでした。
おつかれした。
ハイ、お疲れ~。( `Д´)y━~
ヒコーキ教室 低学年編   ◆Mの訓練日記
お盆休みが終わってしまいましたね。
今日からお仕事の方もきっと多いでしょう。

国内航空会社大手2社のお盆期間中(11日~20日)の輸送実績が発表されました。
2社とも国内線、国際線の合計が去年の同じ時期を上回ったようです。
景気回復の影響でしょうか?
航空業界にとっては朗報です。

しかしお盆のような長期休暇が終わったこれからが、航空業界にとって本当の勝負になるでしょう。

そして夏休みも残り10日。
小学生にとっても、夏休みの宿題を片付ける為の本当の勝負はこれからでしょう。

20年前、私がまだ小学生だった頃はインターネットなんてありませんでした。
自由研究といえば図書館に行くか、従兄弟の研究課題をパクるか。
しかし最近の小学生は、インターネットで検索なんかしちゃうんでしょうね。
なかには大学生顔負けのレポートを作成する小学生もいるかもしれません。

そんなインターネットで自由研究課題を探している小学生のために、私エムが協力しましょう。


夏休みの自由研究がまだ出来ていない小学生に送る。
エムお兄さんのヒコーキ教室 低学年編
『なんでヒコーキは飛ぶの?』

さぁ!今日からはじまった、エムお兄さんの『ヒコーキ教室』。
パソコンの前のみんな!こんにちは~!
(こんにちは~っ!)
あれあれ?さとしくんとりえちゃん、げんきがないなぁ?どうしたの?
なになに?じゆうけんきゅうがまだ終わっていない?
よぉ~し!じゃ、お兄さんとヒコーキがなんで飛べるのか、一緒に勉強してみよう!

じゃ、りえちゃん、空を飛んでいる動物といったら何?
とり!
そう!鳥だねぇ。
蚊、ハエ。
さとしくん何?蚊、ハエ。。。?そうだね、蚊もハエも空を飛んでるねぇ、夏だからねぇ。。。
じつは鳥もヒコーキも同じしくみで空を飛んでいるんだよ!
蚊とハエは?
さとしくん何?蚊とハエは?
そう、蚊とハエも同じようなもんだよ。。。

それじゃ、空を飛ぶどうぶつと飛べないどうぶつと、何がちがうのかなぁ?
鳥にはつばさがある!
りえちゃん、そうのとおり!
ハエにも。
そう。。。さとしくん、ハエにはハネがあるねぇ。。。
鳥には人間みたいに腕がないけど、そのかわりつばさがあるんだ!
なぁなぁ。
何?ハエには足が6本もあってハネもある。そうだねぇ、さとしくん。たくさんあっていいねぇ~。

だからむかしの人は、鳥の飛びかたをマネして空を飛ぼうとしたんだ。
バタバタってはばたくの?
りえちゃん、よく見てるねぇ。むかしの人の中には、腕に鳥のハネをつけて、思いっきり腕をバタバタさせて飛ぼうとした人もいたみたいだよ。
足は6本つけたんか?
さとしくん、ハエみたいに足は6本もいらないから!

でも、人の腕につばさをつけてはばたいても、人は飛べないんだ。
鳥は。。。
ハェ。。。
そう、ハエも蚊も!単純につばさを上から下へ動かしているように見えるけど、本当は翼はもっとふくざつな動かしているから、人間にはマネができなかったんだね。
それでも、飛んでいる鳥をよぉ~くかんさつして見ると、鳥はいつもはばたいているわけじゃないんだよ。
いったん鳥は空にあがると、つばさを大きく広げて動かさなくなるでしょ。でも空を飛び続けている。それに気が付いた人がいたんだねぇ。
ハエはずっとハネバタバタしてんで。
鳥とハエでは飛びかたがチョット違うんだよ。ハエの飛びかたをけんきゅうした人はいなかったんだろうね。
なんで?
。。。鳥のほうが大きくて見やすかったんじゃないかなぁ。。。

鳥はいったん高いところに上がってしまえば、つばさを大きく広げて、はばたかなくても飛び続けることが出来るんだ。
だからむかしの人は鳥のつばさをマネして作って、高いところから飛び降りてみたり、走ってみたり、いろいろけんきゅうしたみたいだね。
つばさを作って高いところから。。。
さとしくん!マネしちゃだめだよ!危ないから。

さらに鳥のつばさや飛びかたを観察してみると、鳥のしゅるいによってつばさの形がちがうことがわかったんだ。
ゆっくり飛ぶ鳥のハネは大きくて、ぶあつい。
はやく飛ぶ鳥のハネは小さくて、うすい。

鳥の大きさや飛ぶ速さによって、いろいろなつばさのかたちがあるんだね。

鳥のずかんを見てみると、よくわかるよ。
ゆっくりと飛ぶハクチョウは大きくてぶあついつばさを持ってるね。
とってもはやく飛ぶツバメは小さくてうすいつばさを持ってる。
ハエはハネが4枚あるんや。。。
さとしくん!それは昆虫図鑑だから。

そこでいろいろな鳥のつばさをけんきゅうして、鳥よりも大きくておもい人間が飛ぶには、もっと大きいつばさが必要だとわかったんだ。
ヒコーキが空を飛ぶためには、このつばさの形と大きさが大切なんだねぇ。
さらに空を飛ぶんだから、このつばさは軽くないといけない。

ヘェ~
フゥ~ン

100年前のヒコーキを見てみよう。
横幅の長い大きなつばさが付いているよね。
このヒコーキが前にはやく走ると、つばさは空気を地面に向かって押しのけるように空気の中を進むんだ。
そしてつばさが空気を下に押しのけると、反対に押しのけられた空気はつばさを上へ押し上げようとする。
その力がつばさを空中に浮かせようとするんだよ。
つばさが大きければ大きいほど、下へ押しのけられる空気の量が増えるから、その分たくさんの空気がつばさを上へ押し上げてくれるんだ。

よ~わからん。

そうか、よくわかんないか。お兄さんもよくわかんないや!

じゃ、さとしくんは泳ぎは得意かな?
人なみに泳げるでぇ。
例えば、とっても深いプールに入ったとしよう。
足がプールの底につかないと、体は沈んじゃうよね。
おぼれるわなぁ。
でも、泳ぎだしたとたん、体が浮くのは何でかなぁ?
泳ぐのがうまいからや。
そうだね、さとしくんは泳ぐのがうまいんだね。
さとしくんが水の中を泳ぐと、さとしくんの体はプールの水を下に押しのけながら前に進むだろ?
そりゃそうや、水を上に押しのけたら体は沈んでまう。
その通り!たまには良いこと言うねぇ。
前に進む体が水を下に押しのけると、押しのけられた水は反対にさとしくんの体を上に押し上げるんだ。
だから深いプールでも、泳ぎだすとさとしくんの体は水に浮いておぼれないんだよ。
水と空気は同じなん?
とてもよく似ているといってもいいね。
それやったら、競艇のボートが水面を跳ねてんのはヒコーキと同じしくみなん?
それは直接関係ないと思う。さとしくん競艇行くんだ。。。

重いヒコーキほどたくさんの空気を押し下げるの?
りえちゃんまだいたんだ。。。
そう!そのとおり!ヒコーキが重ければ重いほど、ヒコーキは大きなつばさを持ってね。その大きなつばさがたくさんの空気を押し下げると、押し下げられた空気は大きな力でつばさを押し上げてくれるだよ。

ヘェ~
フゥ~ン

その空気によってつばさが押し上げられる力のことを『ようりょく(揚力)』っていうんだ。

ようりょく?揚力?

お兄さん、今日は酔っ払ってきちゃったから、続きはまた明日。
『鳥害』か『人害』か   ◆Mの訓練日記
久しぶりに汗をかきました。

冷や汗とかではなく、体を動かしての汗。
天気がよかったので、山歩きで汗をかきました。
3時間ぐらいでしょうか、山の中を歩き回り、吊橋を渡り、滝を見て、小川を渡って、湖で写真とってなどなど。

マイナスイオンを堪能しました。


『バードストライク』の話は、以前このブログでも取り上げました。
終始『チキンガン』の話ばかりだったかもしれませんが。。。
とにかく鳥にとっても、飛行機にとっても危険極まりないものです。
大昔から空を飛び続けている鳥からしてみれば、たかが100年ほどで大きな顔をして空を飛んでいる人間の飛行機は目障りでしょうし、衝突すれば鳥の命はありません。
鳥にとってはいい迷惑かもしれません。

そんな人間の身勝手に、とうとう鳥が怒ったのでしょうか?
彼らの人間に対する復讐かも知れません。


数百羽の鳥が街に襲来、空港閉鎖で孤立 ペルー
2006.08.19
『CNN日本語版ニュースより』

ペルー・リマ――南米ペルーの航空行政当局者は18日、同国北東部、アマゾン川の支流近くにあるイキトス市に数百羽規模のコンドル科の鳥が押し寄せ、空港が閉鎖される異例な事態に襲われている、と述べた。
鳥が航空機エンジンの空気取り入れ口などに突っ込めば、墜落の原因にもなりかねない。ロイター通信によると、ペルーでは2002年以降、鳥が衝突する航空機事故が少なくとも19件発生している。
同市の人口は約40万人。首都リマからの陸路は極めて乏しく、空路が唯一の交通手段だという。アマゾン川のジャングルにも近く、観光客にも人気の場所となっている。
イキトス市の人口は、移民の増加で膨張。住民が捨てるゴミの量も拡大し、これを狙う鳥の襲来が最近、大きな問題となっていた。同市と空港運営当局は、「鳥害」の解決で、互いの怠慢を非難し合ってきた。

この中で、ペルー観光省は、鳥が「封鎖」しているようなイキトス市の状況を「この世の出来事とも思えない」と指摘、対策を速やかに取ることを約束した。


鳥による空港閉鎖。
ヒッチコックの映画『鳥』を彷彿させる出来事です。
しかし鳥が増えた原因が、人間が捨てたゴミとは。。。
なんだか人間が愚かに見えてしまいます。

東京のカラスによる『鳥害』も酷い聞きました。
しかし、人間以外の生物からしてみれば、人間による『人害』の方が酷いような気がしてしまいます。

いつもとチョット違う今日の「Mの訓練日記」。
今日は少し自然に触れ、自然の偉大さを感じ、人間の小ささ、身勝手さを感じました。
ボトル内液体物検査装置   ◆Mの訓練日記
先日の日記に書いた『ペットボトル専用検査機』。
私の記憶が正しければ、この検査機は関空でしか見たことがありませんでした。
2年前に成田空港を利用した際は、この検査機は目にしなかったと思います。
そこでこの検査機を一度も見たことが無い人のためにも、何回も見たことがある人のためにも、一体どういうものなのかチョット調べてみました。


正式名称は『ボトル内液体物検査装置』

開発元は東京ガス。
この装置はペットボトルなどの容器に入った飲み物や液体物をふたを開けることなく、瞬時に可燃物かそうでないかを判別してくれる装置です。
容器はペットボトル以外にも、アルミボトル、ガラスびんに入った液体を判別可能。
ふたをしたまま装置にボトルを乗せると、ボトル内に電気を流して可燃物かどうかを判定するとか、そうでないとか。
電気伝導率で判別するのでしょうか?
詳しい原理は保安上の理由から明らかではないでしょう。多分(そうであって欲しい)。
判別にかかる所要時間は約1~3秒。
もしボトル内にガソリン、エタノール、灯油、シンナーなどが入っていると検査装置が反応します。
可燃物と判別された場合、係員はボトルの所有者に中身を確認し、ボトルのふたを開けて匂いや味を確かめます。

実際のところ、何処まで精度が良いのか、或いはこの前のロンドンでの未遂事件で使われるかもしれなかった爆発物が、この検査装置で判別できたのかには疑問が残るところです。
何はともあれ、日本の東京ガスがこのような装置を開発していた事に敬意を表したいと思います。
私の記憶が正しければ、大韓航空機爆破事件でも犯人は液体の爆弾を使用したと記憶しています。
カナダの空港では今のところこのような装置は見かけません。
近い将来、きっと東京ガスの『ボトル内液体物検査装置』が導入される事でしょう。多分。

気になる『ボトル内液体物検査装置』のお値段は、


メーカー希望販売価格2,625,000円(税込み)


高っ!


安全はお金には代えられませんから。

そしてこの装置の販売代理店は『双日株式会社』。

そうです、あの『双日』です。

数日前、全日空と共同でハワイにパイロットの派遣会社『Crew Resources Worldwide』を設立した総合商社です。
2004年にニチメンと日商岩井が合併して出来た総合商社です。
テロと戦う日本の総合商社。
今回のテロ未遂事件を受けて、この装置が世界中の空港に導入されれば、現在のような空港での混乱は多少緩和される事でしょう。
双日にとってはとてつもなく巨大なビジネスチャンスです。



もしかして。。。
手荷物検査   ◆Mの訓練日記
ロンドンでのテロ未遂事件以降、国際線では液体類が機内へ持ち込めなくなり、手荷物検査が非常に厳しくなったことは既にほとんどの方がご存知でしょう。
イギリス発着の便では航空券やパスポート、貴重品など必要な物以外は機内へ持ち込めないようです。
ロンドン・ヒースロー空港をはじめ、イギリス国内の空港では依然と混乱が続いているとか、続いていないとか。
その影響で、行方不明になった手荷物がブリティッシュ・エアウェイズの乗客分だけで1万個。。。
混乱の凄さを物語っています。
きっと航空会社の担当者の方たちは、昼夜問わず荷物の選別に追われていることでしょう。

ご苦労お察しします。


突然ですが、私エムがバンクーバーから日本に一時帰国する際の荷物というと。。。


何もありません。(手ぶら?)


実家に帰れば着替えもあるし、生活必需品は家族のものを借りたり現地調達します。なので一時帰国の際はほとんど手ぶらで飛行機に乗りたいところ。
しかし、本当に手ぶらで飛行機に乗る訳にもいかない。
国際線に手ぶらで乗る人って、周りから見るとあやしい人です。
ですから一時帰国の際は、着替え一組、勉強するつもりも無いのに飛行機の教科書1冊、そしておみやげ用のお菓子を2、3個詰めて無理やり“荷物”を作ります。
それくらいの荷物ですから、カバンはそれなりに小さい物。
いわゆるショルダーバックです。

去年一時帰国した時、バンクーバーのチェックインカウンターで

係員「お預けになられる荷物はいくつですか?」

エム「ありません。」

係員「。。。」

エム「。。。ありません。」

係員「行ってらっしゃいませ。」

と、手荷物一つで日本に帰りました。

そして関空到着後、飛行機から降りて入国審査の列に並び、その後他の乗客が荷物が出てくるのを待っている中、一人だけ税関に直行します(預け荷物ありませんから)。

税関「本日はどちらからお帰りですか?」

エム「バンクーバーです。」

税関「荷物はそれだけですか?」

エム「これだけです。」

税関「。。。」

エム「。。。これだけです。」

税関「チョット、中身を拝見します。」

エム「どうぞ。」

ゴソゴソ、ゴソゴソ。

税関「ご協力ありがとうございました。」

他の乗客が荷物が出てくるのを待っている間、税関の職員さんは暇そうです。
そんな暇そうなところへ手荷物一つで帰ってきたエムは格好の獲物です。
ほとんど毎回、税関では荷物の中身を調べられます。

しかし預け荷物がないとスムーズです。

以前マイレージが貯まって、生意気にもビジネスに乗ってしまった時、座席番号は“1”でした。
つまり最前列。
関空に到着して1番に飛行機から降りることが出来て、そのまま手荷物一つで税関を通過。
飛行機が関空に着陸してから15分後にはバス停でバスを待っていました。最短記録です。


そして逆に日本からバンクーバーに戻ってくる時も手荷物一つ。
しかし帰りは少しだけ荷物の中身が増えます。
バンクーバーでは買うと少し高い日本食を少しだけ持って帰るからです。
お好み焼き粉、おたふくソース、てんかす、胡麻ドレッシング、ピエトロドレッシング、かつお節、そばつゆ、白だし、そして『ご飯ですよ』などなど。
そんな物を手荷物で持って帰ろうとしたので、手荷物検査では少々恥かしい思いをしました。

保安官「お荷物の中に、ペットボトル等の飲み物は入っていませんか?」

エム「飲み物は入っていません。」

ピーッ!(エックス線の手荷物検査機が反応)

保安官「エックス線でお荷物の中に液状のものが見つかりましたので、中身拝見します。」

エム「ん?液状?もしかしてドレッシングとそばつゆの事か?」

沢山の人が並ぶ手荷物検査場で、黙々とおたふくソースとドレッシングとそばつゆと白だしと『ご飯ですよ』をテーブルに並べるエム。

かなり恥かしいです。

保安官「中身確認のため検査機で調べます。」

黙々とおたふくソースとドレッシングとそばつゆと白だしと『ご飯ですよ』をペットボトル専用検査機に乗せる保安官。
エムと目を合わせようとしません。
保安官の肩がかすかに震えているように見えました。
笑いをこらえているのかっ!

保安官「ご協力ありがとうございました。」

エム「お疲れ様です。。。」


それ以来、日本からバンクーバーに戻ってくる際の関空での手荷物検査は憂鬱で仕方ありません。
でもロンドンでの未遂事件以降、液状のものは機内に持って入れないということは、今度帰国する際は全部預けないといけないのか。。。
そうするとチェックインして荷物を預けたら、本当に手ぶらになるのか。

手ぶらで搭乗ゲートに並ぶのも何だか格好ワル。
エアショー・レポート!   ◆Mの訓練日記・号外
snowbird スノーバード 航空祭 曲技飛行 カナダ空軍
「カナダへの航空留学」をご覧の皆さま、こんにちは。
当ブログ管理人担当の titmouse です。
てな調子の上戸彩の口上で始まる「下北サンデーズ」にハマっている titmouse です。


今年も例年通り、飛行機を愛する全ての人と、そうでもない全ての人のために、


ABBOTSFORD INTERNATIONAL AIRSHOW

が開催されました。




アボツフォード空港はバンクーバーのダウンタウンから東へおよそ60km、
アメリカ国境までほんの1、2kmというところにあり、カナダ国内だけでなく
アメリカ各地へも旅客機が飛ぶ「国際空港」です。
バンクーバーからはハイウェイ一本でアクセスできていいのですが、何せビッグ・イベントの
少ないこの辺り、飛行機好きの車とそうでもない車で、時々大渋滞することがあります。

。。。どうせ人生が裏街道を歩んでいるのですから、ひねくれ者は迂回路で行きましょう。

私の住むリッチモンドから別のハイウェイで南へ、20分も走れば国境検問所です。
ちなみにイチロー・マリナーズのシアトルまではここから約3時間です。
ここから進路を東へ変え、のどかな田園風景の中を走ります。

06_ABBOTS_01

こんな直線がおよそ30km続きます。窓の外には馬、ときどき牛。のち「風とともに去りぬ」
みたいな豪農の大邸宅。 のどかです。

titmouse の走る黄色いセンターラインの道の右に、もう一本同じような道が並んで走っている
のが見えますね。2本の道路の間には、ザリガニやカエルがたくさん獲れそうな小川が。。。


そう、この小川こそ


国境です。


。。。のどかです。


ここがカナダの始まりだから、この道の名前は
06_ABBOTS_02

ゼロ・アベニュー。



画面の後ろへ北上すると、ファースト・アベニュー、セカンド・アベニュー、サード・アベニュー、
4、5、6、7、8、9、10 。。。
地図をずぅーっと北上していったら、116 AVENUE まで確認できました! 。。。もっとあるのか?
いずれにせよ単純ですね。なんか頭悪い人みたいです。
。。。いえいえ、ネーミングした人ではなく、数えている自分が。

その点、日本には1200年前から変わらない独特の住所が、風情を醸し出していますね。

京都府京都市上京区北町仁和寺街道天神道東入下る   。。。機能的だが、長いっ!




えー今日の話題は 。。。そう、エア・ショー。

飛行機の展示もフライト・パフォーマンスも、大きく分けて軍用機と民間機に分かれ、
それぞれカナダだけでなくアメリカからも参加しています。
しかしヨーロッパの見本市のエア・ショーのように最新型の旅客機は飛びません。

でもご覧のように
06_ABBOTS_03

お、昨年末に全日空にも導入された最新の次世代ジェット、
ボーイング737-700ではないかっ
そして航空会社はカナダのウェスト・ジェット社っ
さらに場内アナウンスでも
「さあ、もう何もコメントしません。どれほど静かに離陸するか見守りましょう。」
さすが環境に配慮したエコ・ジェット、何の音も立てずに離陸していったっ
場内にまばらな拍手もっ


定期便です。



忙しい空港です。商売です。定期便がショーの合間に離着陸します。
大勢のギャラリーに注目されるのは、乗っているお客さん的にはどうなんでしょう?

そして、同じ写真のウェストジェットの少し前方、同じように離陸を待つのは、
黒いカクカクしたカレイあるいはヒラメ、そう、アメリカ空軍の「見えない爆撃機」、
レーダー電波を跳ね返すステルス機能の F-117 ナイト・ホークだっ

画面では小さいですが、見えますか? 見えない爆撃機があなたには見えますか?? 
え、見えないんだから見えないだろう???

ではこちらを。
06_ABBOTS_04

精密な計算の上でできた妙なデザインです。現在はすっかり古参になりましたが、でも珍しい。

そこでデモ飛行も一枚、パチリ。
。。。シャレではありませんが。
06_ABBOTS_05

。。。さすが、飛行中は全ての電磁波を跳ね返すだけあって、
デジカメのオート・フォーカス機能も跳ね返されていますね。

ウソです。望遠レンズやシャッタースピード調整がないので、なかなかきれいに撮れません。
そして望遠レンズやカメラの機能だけでなく、腕もありません。

例えば、カナダ空軍の飛行チーム、スノーバーズのソロ演技。
二機が左右からトップスピードで水平飛行してきて、目の前で90度傾いて交差だっっ
その瞬間をパチリ!
06_ABBOTS_06


思いっきり通り過ぎた後や 。。。反射神経にぶすぎ。

といわけで、速い戦闘機はあきらめます。
ゆっくり飛ぶ演技の数々をご覧ください。



06_ABBOTS_07

参加した中で最も大きな C-17 輸送機。走り始めてあっという間に離陸し、
こんな急角度(最大上昇角度)で1,500フィート(500メートル)まで昇ると、
そのまま60度バンクでターンして行きます。
上昇しながら急な傾きで曲がるのはとても危険な技です。
今にも墜落しそうな遅いスピードです。なのでピントも完璧です。


06_ABBOTS_08

同じく C-17 。墜落ギリギリのスピードで飛ぶ「スロー・フライト」という演技です。
フラップをいっぱいまで出し車輪も下げて、その代わりパワーを吹かします。
とてもゆっくり通り過ぎていきます。なのでピントも完璧です。


06_ABBOTS_09

戦闘機の発展の歴史を象徴するアメリカ空軍の Heritage Flight 。
下が F-16 "FIGHTING FALCON"(闘うハヤブサ)、
上が F-15 "STRIKE EAGLE"(攻撃するワシ)、
最新鋭の二機に挟まれたプロペラ機が、第二次大戦を飛んだ古参の
P-51 "Mustang"(馬?)。
ピッタリ息の合ったフォーメーションの数々を披露してくれますが、
当然一番遅いムスタングに合わせて飛んでます。なのでピントも完璧です。


06_ABBOTS_10


コミカルなストーリー仕立てでアクロバット飛行を披露する Kent Pietsch 氏のパフォーマンス。
彼は突然どこからともなく他の飛行機のデモに割り込んできてぶつかりそうになった挙句、
彼の飛行機の部品が上空で取れていきます。
右の翼のエルロン(飛行機の傾きを調整する部分)が落っこちてありませんね。
それでも上手に飛んでいます。

そして実況中継のナレーターとの無線のやり取りが会場に流れます。
「どっから来た!」
「迷った。」
「地図を見ろ!」
「分かった。」
。。。地図を飛行機から落してしまいます。
「とにかくおりろ!」
「やり方がよく分からん。」
。。。タイヤも取れて落ちていきます。
何度も何度も着陸しかけて急上昇、また片方の翼の先端を地面にこすり付けるように見せます。
煙も出します。これらは実はすごい技です。
何事もそうですが、わざと下手にやって見せるというのは、とても技術が必要です。

そのうち後ろからパトカー(本物)が追いかけてきます。
やっと着陸したと思ったら、彼は飛行機をほったらかして、走って逃亡開始。
警官達(本物)と鬼ごっこをやるという体力技の逮捕劇のおまけ付きです。


06_ABBOTS_11

パフォーマンス終了!
。。。そう、たらたら走るキャンピングカーの天井に見事着陸成功です。
何とこの後、たらたら走るキャンピングカーから離陸しましたっ



そしてショーの最後を飾るのは、カナダ空軍の誇る飛行チーム、SNOWBIRDS です。
06_ABBOTS_12

ショーのスタート。
はるか遠くの正面に9つのライトが現われ、だんだん近づいてきます。
ナレーションはスノーバーズの紹介を始めます。
そして、"Ladies and Gentlemen, The Canadian Forces, SNOWBIRDS !!"
というタイトル・コールにピッタリ合わせて、会場の観客の目の前でターン、
とてもきれいです。


06_ABBOTS_13

機種は CT-114 "Tutor" というジェット練習機、教官と生徒が横に並んで座る飛行機です。
そしてその演技はヨーロピアン・スタイルといって、編隊飛行の美しさを見せる演目が中心です。
スピードも比較的ゆっくりで、登場すると最後まで視界から消えることがありませんので、
シャッターチャンスも狙いやすいです。
BGMもクラシックの曲がよく似合います。

これに対してアメリカン・スタイルは、スピード感。
派手でスリルのあるソロ・アクトが目立ちます。
一つの演技が終わるとサッとどこかへ飛び去って、
また次の演技にどこからともなく現われて観客を驚かせてくれます。
BGMもナレーションも、料理の鉄人みたいです。


BGMに、ウィナー・ワルツでも聴きながら、どうぞ。
06_ABBOTS_14

06_ABBOTS_15

06_ABBOTS_16

06_ABBOTS_17


先日エム氏の写真も掲載されましたね。
このショーの前には、バンクーバーのダウンタウン上空でもデモを行いました。
。。。シャレたわけではありません。
別の年ですが、夕闇を飛ぶスノーバーズです。
06_ABBOTS_18

06_ABBOTS_19

06_ABBOTS_20

06_ABBOTS_21

06_ABBOTS_22



やはり写真の腕前が物足りないという方は、
このページ
スノーバーズの写真や動画をたくさん見られます。
(国防省さん、直リンごめんなさい。)


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

チキンガン   ◆Mの訓練日記
天気予報どおり天候は回復しました。
また暑さが帰ってきましたが、マイルドです。
もうカナダの夏は終わりに近づいているのでしょうか。

以前、このブログで紹介した私の好きなテレビ番組『Myth Buster』。
毎回あらゆるミステリーを実験し、科学的に解明する番組です。
その番組のエピソードの一つに『チキンガン』というのがあります。
以前、gato-negro氏がコメントしていた『チキンガン』です。
鳥が飛行機にぶつかる「バードストライク」を再現し、その衝撃がどれくらいなのかを調べるエピソードで、昨日の再放送を偶然見ることが出来ました。

バードストライクは毎年世界中で何千件と報告されています。
よく耳にするのはジェットエンジンに鳥が吸い込まれるというもの。ジェットエンジンに鳥が1羽吸い込まれただけでも、タービンブレードが損傷して事故に繋がる恐れがあります。
鳥がエンジンに入っていった直後には焼き鳥の匂いがするとか、しないとか。
さらに悪い事に、鳥はそんなに高いところを飛んでくれません。
お陰でバードストライクは離陸直後や着陸最終段階でその多くが起こります。なのでパイロットにとっては対処する時間が非常に限られてしまいます。

そんな「バードストライク」の衝撃は、一体どれほどのものなのか?

まず、廃棄場で「パイパー・チェロキー」の機体と、肉屋で丸焼き用の鶏を何羽か購入。
そしてその鶏をどうやって飛行機の窓ガラスに向けて発射するかを考えます。
いろいろ考えた結果、圧縮空気を使って鶏を発射してみる事に。
中古のボンベと直径30センチほどの鉄パイプをつなぎ合わせて特大空気銃を製作。
ボンベとパイプの間にはバタフライバルブ(弁)を引き金として設置、バタフライバルブを手動で開くと、ボンベ内の圧縮空気が鉄パイプから発射される仕組みです。

命名『チキンガン』

番組では衝撃の違いを調べるために、凍らした鶏とそうで無いものを用意しました。
まず、凍らした鶏をチェロキーの窓ガラス目掛けて発射。

3、2、1、発射!

もの凄い音と共にボンベ内の圧縮空気が放出され、鶏がチキンガンから発射されました。
高速カメラで測定した結果、発射された鶏の速度は時速128マイル。約205km/h。
ノットにすると約114ノット。
チェロキーの巡航速度よりやや速めの速度です。

で、コックピットの窓ガラスはどうなったかというと。


見事に貫通しました。
出演者、それに私エムも大爆笑。

次は凍っていない鶏を使用。

結果は同じ。
鶏は窓ガラスを貫通。
速度もほぼ同じ128マイル。

鶏の重さも、発射された際の速度も同じならば、エネルギー=1/2×重さ×(速度)の2乗で破壊力は凍っていても、凍っていなくても同じになる計算です。
但し、凍っている方が窓ガラスに衝突時に原型をとどめるので衝撃は大きくなるようです。
反対に凍っていない鶏は衝突時、大きく変形してエネルギーの一部を逃がしてしまいます。


結果:
巡航中の小型機に2kg程の鳥が衝突した場合、鳥は窓ガラスを貫通する。

捕捉:
但し、今回使用したチェロキーなどの小型機の場合、プロペラがコックピット前方で回転しているので、鳥は直接コックピットの窓ガラスにクリーンヒットはしない。
よってパイロットに直接的な被害を及ぼす事は無い。
しかしプロペラに深刻なダメージを来たす恐れがある。


実験後にお遊びでかぼちゃを機体側面に向けて発射してみました。
かぼちゃは見事に機体を貫通。

結果:危ないですから、飛んでいるチェロキーやセスナにかぼちゃを投げないで下さい。


いま目の前に『鳩サブレー』があります。
知る人は知る、知らない人は知らない(当たり前や)『鳩サブレー』。

飛行中に『鳩サブレー』がぶつかっても窓ガラスを貫通する事はありませんが。

知らない人のために、ココで少し説明を。
『鳩サブレー』は、鎌倉市の豊島屋で販売されているサブレー。形が鳩なので『鳩サブレー』。鎌倉の鶴岡八幡宮を参詣した帰りや、鎌倉を観光した時に買うお土産の定番です。
明治時代に初代店主がビスケットを真似てお菓子を作ったところ、それを食べたフランス帰りの船員に「フランスで食べたサブレーに似ている」と言われてしまいました。
自分が作ったお菓子がサブレーであることを初めて知った店主は、このサブレーの生地を鶴岡八幡宮の鳩に似せた形に焼き上げ、『鳩サブレー』と命名したそうです。
発売当初『鳩サブレー』ではなく、『鳩三郎』と呼ばれていたとか、そうでないとか。

ちなみに静岡県伊東市にある『ハトヤ』とは何の関係もありません。
電話番号も4126ではありません。

私エムは『ハトヤ』のテレビコマーシャルは見たことがありません。
関西出身だからでしょうか。
関東、中部地方出身の方たちには有名らしいです。

伊東に行くならハ・ト・ヤ~♪
よ(4)・い(1)・ふ(2)・ろ(6)、ハトヤ♪

聞いた事ありません。
ヒコーキ雲   ◆Mの訓練日記
日本では帰省ラッシュがピークを迎えているようで、鉄道、高速道路、空港とも混雑しているようです。
お盆休みに入り、バンクーバーでもこの週末あたりから日本人旅行客の数が増えるとの事で、旅行会社現地スタッフの方たちも忙しそうです。
しかしバンクーバー本日の天候は曇り。
スイマセン、寒いです。
週末にかけて回復に向かうようですが、チョット怪しいです。


そんなお盆のピーク直前に起きたイギリス・ロンドンでの事件。
事件以降、機内持込品に対しての制限が厳しくなったようで、セキュリティーチェックを通過するのには通常以上に時間がかかるようです。
ですから飛行機利用予定の方は、空港へは早めにお出かけください。

今回の事件を受けて、当面機内へは飲み物などの液状のものは持ち込みが出来ないようです。
その他に化粧品、整髪料、コンタクトレンズの保存液、免税店で購入したお酒や香水などもその対象になると考えられます。
事前に要確認です。

大変不便ですが、安全のためですから仕方ありません。


そんな私も2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロの影響を受けた乗客の一人です。
ジュネーブ―ロンドン―バンクーバーと移動予定でしたが、ロンドンで足止め。空港ロビーのベンチで寝てました。

テロ直後しばらくの間飛行禁止の措置が採られ、エアラインはもちろん、フライトスクールでもフライトトレーニングが出来ない状況が続いたようです。
レーダースクリーン上には飛行機が光点となって映ります。通常、レーダースクリーン上にその光点で国土の形が描かれるほど沢山の飛行機が飛んでいるアメリカでもテロ直後、飛行機が全く飛ばない日が何日か続いたそうです。
そしてその間、アメリカの平均気温が少し下がったとか。

飛行機が飛ばなくなると気温が下がった?

飛行機が排出する温暖化ガスが一時的に減った、という事も少なからず影響しているでしょう。
しかしその他には「ヒコーキ雲」が空から消えたこと。

飛行中のジェット機の後ろにはヒコーキ雲が発生します。
交通量の多い空域には沢山のヒコーキ雲が出来て層になり、薄曇のような天気になります。
そしてそのヒコーキ雲の層が地球を温めているらしい。

通常、太陽が昇ると太陽光で地面が温められます。
温められた地面は地表の空気を温め、昼間は気温が上昇します。
そして温められた空気は軽くなり、徐々に上へ上へと昇りながら大気中に熱を放出していき、上空では気温が下がります。
しかしヒコーキ雲があると、温められた空気は行く手を遮られてしまいます。
温められた空気はヒコーキ雲の下に溜まり、熱を上空へ放出する事が出来なくなる。
ビニールハウスの中にいるような感じです。
太陽光は遮断しないが、熱は逃がさない。

テロ直後の飛行禁止中、アメリカ各地で気温を測定した結果、飛行機が飛んでいた日よりも飛ばなくなった日のほうが平均気温が少しだけ下がったそうです。

ヒコーキ雲は地球温暖化の原因の一つだったらしい。


本日バンクーバー上空に広がっている雲は分厚すぎて太陽光を遮断しています。
寒いです。
ドアを開けたのは。。。   ◆Mの訓練日記
夏休みの宿題といえば、自由研究。
小学生時代、私はこの自由研究が苦手でした。なぜなら何を研究しようか悩むから。
テキトーにアサガオの観察日記でもつけようか、庭の土を掘り返して団子虫でも集めようか。。。
今となっては何を研究したかさえ忘れてしまいました。

この小学生達は大したものです。

『小学生が世界最大の紙ヒコーキ製作 初フライト成功』
広島の小学6年生5人が全長2.05メートル、重さ約4キロの紙ヒコーキを製作し、8月5日、初フライトに成功したそうです。
山折り、谷折り、100近い工程を経て仕上げた紙ヒコーキはコックピット付きのスペースシャトル型。
40メートルも飛んだそうで、なかなか大したものです。
この子達の将来が楽しみです。

そこでいつものように突然の企画。

『今からでも間に合う!夏休みカナダ操縦体験』
自由研究に飛行機の操縦法を研究してみよう!
お父さんの肩を揉め!お母さんの家事を手伝え!そしておねだりするんだー!
将来パイロットになりたい!って。
だから今からバンクーバーに連れてって!って。

私エムも小学生の頃にこんな体験が出来たら。。。

もっとマジメに生きてたんだろうなぁ。。。

新海副操縦士も子供の頃にコックピットに入れてもらった経験からパイロットを目指したわけですから。

お問い合わせは当ブログまで、日本語でどうぞ!


そして似たようなニュースを2つ続けて。


『離陸直後に搭乗ドア外れ、落下、ブラジル航空機』
ブラジルで離陸直後に航空機のドアが外れスーパーマーケットの窓に付いた日よけに落下。
幸い負傷者はいなかったようです。
ちなみに航空機はフォッカー100型機。79人が乗っていたそうです。

『離陸直前ドア脱落 けが人なし 与論空港でJAC機』
与論島で航空機の非常脱出用扉が離陸滑走直前に外れ、誰も座っていない客席に倒れてきた。
パイロットはすぐに離陸を中止、乗員乗客9名は全員無事。
航空機はサーブ340B型機。


両方とも8日に起きたニュースです。
離陸直後と離陸直前という事で、大事には至らなくてよかったです。
これがもし巡航高度で起きたら。。。
大変です。

これまたむかし聞いた話ですが、セスナのドアが離陸上昇中に開いてしまった話。
自家用免許トレーニング中の生徒がインストラクターとフライトに行ったときのこと。
離陸して上昇中、インストラクター側のドアが開いてしまいました。
飛行機をコントロールしていたのは生徒。
とっさに手が出てドアを閉めようとしました。
しかしその時インストラクターは、

「ドアなんか放っとけ!操縦に集中しろ!」

と、エライ剣幕で怒鳴ったそうです。
離陸直後、安全な高度に達するまでは何が起きても操縦に専念する。
インストラクターはそれを生徒に実体験?を通して教えたようです。

その話を聞いた直後、私は事業用の筆記試験を受けたのですが、こんな問題が出題されました。

問:離陸直後にドアが開いた時の対処方法は?
A.すぐに水平飛行に移りドアを閉める。
B.緊急着陸。
C.安全な高度まで上昇してから対処する。
D.上昇しながら対処する。

おかげ様で正解できました。

果たしてそのインストラクターは故意にドアを開けたのか?それとも偶然開いてしまったのか?
今となっては謎です。


おまけの画像『今日の我が家からの眺め』
その一
snowbirds_01


その二
snowbirds_02


その三
snowbirds_03

上空通過   ◆Mの訓練日記
カナダは5日、6日、7日と3連休でした。
晴天に恵まれた3日間、各地で花火ありパレードありと大盛り上がり。
バンクーバー・ダウンタウンでは土曜日夜の花火と日曜のパレードに合計50万人ほどの人が集まったようです。
そして連休明けの今日は雨。
半袖では少し寒い。
日本からメールで暑中見舞いを頂きましたが、残念ながら暑中ではナイ。
インターネットで見る限り日本は暑そう。
しかし台風も接近中で水の事故も起きているとか、皆さん気を付けて下さい。
これからお盆休みに入って旅行や帰省に飛行機を利用する人も多いでしょう。
原油価格高騰で飛行機代やガソリン代が値上がりする中、お盆中の飛行機利用者数が気になるところでしたがニュースを見ると前年度を上回っているようです。
国内線では大手2社とも3.5%増、国際線ではANAが9.6%増でJALが1.3%増。
原油高騰の悪影響よりも景気回復の好影響が大きかったのでしょうか。

一方2006年4月~6月期連結決算によるとANAが営業利益195億円と過去最高益、JALは319億円の営業赤字。
流れはANAです。
この流れ、JALにとっては非常にまずい。
ANAにとってはこの流れを維持したいところ。
JALの巻き返しなるか?それともANAが突っ走るか?
大手2社の今後の競争に注目しましょう。


どこの航空会社を利用するか、判断基準は人それぞれだと思います。
私個人的には単純に料金が判断基準です。
安ければそれで良いです。

チョット前に大阪発バンクーバー行きの航空券をインターネットで購入した時のこと。
検索して出てきた一番安い『大阪発バンクーバー行き』のチケットを何も疑わずに予約しました。
そして予約完了後の確認画面を見てビックリ。
確かに『大阪発バンクーバー行き』でしたが。。。
大阪出発時刻が異様に早い。。。
そしてバンクーバー到着時刻が異様に遅い。。。
更にNRTの文字も。。。

何故?

なぜならそのチケットは。。。

伊丹→東京(羽田もしくは成田)→トロント→バンクーバー

。。。一回バンクーバー上空通過するんだぁ(´Д`)

確かめなかった私がバカでした。

出発日が近かったので変更には手数料が発生します。
あきらめました。
飛行機好きだし。。。

でも成田からバンクーバー上空を通過してトロント行って、バンクーバーに戻るのか。。。
飛行時間は約20時間。。。
飛行機好きだし。。。いっか。

5,000円追加で伊丹―成田の国内線を確約してもらいました。


そして運命の成田、トロント経由バンクーバー行きの日。
早朝に京都の自宅を出発、伊丹空港でチェックイン、バンクーバーまでのチケット合計3枚を受け取りました。
フェアリンクで伊丹から成田まで飛び、成田―トロント―バンクーバーはエアカナダ。
定刻で成田に到着。しかし成田からの便が1時間遅れて出発。トロントでの乗り継ぎ時間はその時点で1時間チョット。

ヤバイ。

予想通り1時間遅れで着陸。
しかしトロントの空港は広かった。。。
着陸してから降機するまでやたら時間がかかりバンクーバー行き出発まで残り40分。
飛行機を降りてから猛ダッシュで入国審査へ。
入国審査官に何処へ行くのかと聞かれ、

エム「バンクーバー。」

審査官「。。。キミ、いま東京から着いたんだよね。ここはトロントだよ。」

エム「一番安いチケット買ったらトロント経由だっただけ。」

審査官「。。。」

エム「ちゃんと帰りのチケットも持っているから。しかもバンクーバー発トロント経由日本行き。」

審査官「。。。Good Luck」

再度猛ダッシュで荷物をピックアップ。形だけの税関を通過して乗り継ぎ用のテーブルに再び荷物をドロップオフ。
この時点で既にバンクーバー行きの搭乗時刻。
数分後、広いトロントの空港で、しかも初めての空港で迷わずバンクーバー行きのゲートにオンタイムで到着。
しかし既にゲートに飛行機の姿はありませんでした。
係員のお兄さん曰く、バンクーバー行きは定刻より早く出発した。

夜中の空港で途方に暮れる日本人一人。

エムのチケットを見た係員のお兄さんは、

「キミの荷物も間に合わなかったみたい。次の便に振り替えてあげる。」

それを早く言え!
何事も無く次のバンクーバー行きに変更してもらいました。
結局バンクーバーに到着したのは午前0時過ぎ。
京都の実家を出発してから30時間以上が経過、20時間以上飛行機に揺られ、身も心もボロボロ。
格安チケット購入の際は要詳細確認。

でも。。。
チケット安かったし。。。
マイルも貯まったし。。。

飛行機好きだし。。。
世界の空港から~CZBB編~   ◆Mの訓練日記
昨夜のバンクーバーローカルニュースに我々の訓練空港バウンダリーベイが出ていました。
再三このブログでもお伝えしている通り、空港では現在拡張工事が進んでいます。
昨日のニュースは現在建設が進められている新ハンガーの話題。
なんでも完成すると世界最大のヘリコプターメンテナンス専用のハンガーになるとかならないとか。
費用はいくらだったか忘れてしまいましたが、取り合えず100%民間からの出資だそうです。

そこで今日はこのバウンダリーベイ空港について長々紹介してみます。


『世界の空港から ~バウンダリーベイ空港編~』

カナダの西の玄関口バンクーバー。日本から直行便を利用すれば9時間程でバンクーバー国際空港(YVR)に到着。
カナダ第3の都市バンクーバーから南へ30分ほど車で走ると、そこには広大な農地が広がるデルタ市(City of Delta)があります。
そのデルタ市の南には湾が広がり、その向こう側はアメリカ・ワシントン州。
国境をまたぐ湾ということでバウンダリーベイ(Boundary Bay)という名の付いたこの湾のそばにバウンダリーベイ空港はあります。
バンクーバー国際空港から公共バスで行く場合、2回乗換えで1時間ほど。バンクーバーダウンタウンからだと1回乗換えで1時間ほど。
1,000m級滑走路が2本、くの字型に配置され管制塔もある“コントロールエアポート”。
空港内にはフライトスクールが現在4つか5つ。内2つには日本人インストラクターが合計4人常駐、自家用操縦士免許から事業用、計器飛行証明、多発まで全てのライセンスが取得可能です。

空港の歴史は第二次世界大戦中から。
カナダ軍パイロット育成を目的に1941年4月10日に開港、直後に軍の飛行教育隊が駐在し軍のパイロット候補生は民間人インストラクターから初等訓練を受けていました。
1943年10月5日、最初の実戦部隊である第133飛行中隊が隣のアルバータ州からバウンダリーベイ空港に移ってきます。
ホーカー・ハリケーンを配備する第133飛行中隊の最初の任務は日本から太平洋を越えて飛んでくる『風船爆弾』の捕捉・迎撃。その後太平洋戦線の激化により、B-24爆撃機も配備されます。
第二次世界大戦終結後、Sea Island(現バンクーバー国際空港)の整備・拡張に伴い軍の教育隊はバウンダリ―ベイ空港を去り、1946年空港は一時閉鎖されます。
閉鎖後しばらく放置されていましたが、1949年敷地内に無線局が設置され、1968年から1971年まではカナダ軍のレーダー基地となります。
1971年以降しばらくの間、自治体により空港跡地はレクリエーション用地として地元民に解放され、ピクニックや市場に利用されました。
バンクーバー万博を控えた1983年、バンクーバー国際空港の航空機発着数は限界に近づき、トランスポートカナダ(カナダ運輸省)はバンクーバー国際空港の負担を減らすためバウンダリーベイ空港をジェネラルアビエーション用空港として再開港することを発表。
1983年7月11日、旧滑走路3本の内2本を使用してバウンダリーベイ空港は再開港、現在に至ります。
再開港後は主にトレーニングエアポートとして多くのフライトスクールが軒を並べ、カナダ国内はもちろん、世界中から訓練生が集まっています。また管制塔では管制官のトレーニングも行われています。
2005年度の発着回数は187,939回でカナダ国内5位。(ちなみに関西国際空港は102,862回(平成16年度))
上位はトロント、バンクーバー、カルガリー、モントリオールなどの国際空港であるため、実質カナダ一忙しいトレーニングエアポート。

英語で書くと「Boundary Bay Airport」。
カタカナで書くと“バウンダリーベイ”もしくは“バンダリーベイ”。どっちでも良いです。
開港からトレーニングエアポートとしての歴史を歩んできたこの空港はカナダのジェネラルアビエーションを支える最大の空港でしょう。きっと。
バウンダリーベイでトレーニングしていたと言えばカナダ国内ではチョット自慢になるでしょう。多分。

2004年12月1日から空港の所有者が新しくAlpha Aviationという民間会社になりました。
だからといって我々やフライトスクールには何の変化も無かったのですが、所有者がこの会社になってからオリンピックに向けての空港拡張工事が始まったり、お金持ち風な人たちが空港によく来るようになったり、エアショーが始まったり。。。
カナダの景気が良いのは解りますが、何だか私にはバブリーな話に聞こえて仕方ありません。。。
結果はどうあれ、この先この空港はますます大きくなっていく事でしょう。


バウンダリーベイ空港オフィシャルサイト<英語>
一石三鳥   ◆Mの訓練日記
今日は飛行機とは関係ない話。

今朝インターネットでニュースを読んでいたら、イギリスとフランスの間にある英仏海峡トンネル運営会社『ユーロトンネル』が経営破たんしたというニュースを見つけました。
負債総額は1兆3287億円だそうです。
全長は青函トンネルに次ぐ世界第2位の海底トンネル。
イギリスにはこんなジョークがあるそうです。

「だから日本の技術者に頼むなって言ったろ。青函トンネルより短く掘られちまった。」

って、フランス側からの掘削を川崎重工が担当したからでしょうか。

イギリスを除くヨーロッパの国々では車は右側通行。左ハンドルです。
なので、ヨーロッパで右ハンドルの車を見かけると大抵イギリスナンバー。
きっとイギリスから車ごと電車に乗ってユーロトンネルを通って来たのでしょう。
車運搬用列車がイギリスとフランスの間を往復しています。


バンクーバーで見かける右ハンドルの車といえば日産スカイライン。
でもこの前見かけたトヨタのサーフも右ハンドルでした。
これらはきっと個人輸入車でしょうか。

そういえばバンクーバー市内を走るイギリス風の赤い2階建てバスも右ハンドルでした。
芸が細かい。


話は戻って車運搬用列車。
ユーロトンネルは通ったことがありませんが、スイスで車運搬用列車に乗ったことがあります。通称『カートレイン(Car Train)』。
スイスは山国。隣町に行くにも3,000m級の峠を越えなければいけません。
峠道はカーブが多くてアップダウンもキツイ。冬になれば雪で凍るし危険極まりない。
そこで峠にトンネルを1本掘って鉄道を通します。鉄道で人も車も運んでしまえば工事費も維持費も安上がり。1年中安全に峠を通過できます。

一石二鳥です。

まず車を走らせ峠の手前にある駅まで行き、自分で運転して車専用のホームから列車に乗り込みます。
12両編成くらいの最後尾車両から乗り込み順番に前に詰めていきます。
1両に付き乗用車だったら2~3台、トラックや観光バスなら1台載せられます。
係員に誘導されて所定の位置についたらエンジンを切って出発を待ちます。
出発時間になると電気機関車に引っ張られて音も無く列車は動き出すのですが、これが実にヘンな感じなのです。
基本的に一旦列車に車を載せると車外には出れません。
到着するまで車の中に座っています。
車に乗っているけど走っている時に聞こえる音や体が感じる振動は電車そのもの。

「ガタン、ゴトン、ガタン、ゴトン。。。」

10分ほど車の中で列車に揺られてトンネルを通過すると峠の反対側の駅に到着、エンジンをかけて順番に先頭車からホームに下ります。
実に奇妙は体験でした。
日本でも以前この『カートレイン』が走っていたそうで。
乗り物好きにはたまらない、車に乗りながら電車にも乗れる。

一石二鳥。

しかし世の中にはこの上を行く乗り物がありました。

「電車ごと船に乗る」

イタリアの南にあるシチリア島。
イタリア本土から電車に乗ってシチリア島に行く際、電車は乗客を乗せたまま船に乗り島に渡ります。
しかし残念なことに最近この電車は無くなってしまったそうな。

カートレインは船には乗りませんが、もし船に乗るカートレインがあったら。。。
車ごと電車に乗って、更に電車ごと船に乗っちゃう。
乗り物好きにはたまりません。


一石三鳥。
安いのか高いのか   ◆Mの訓練日記
昨日は久しぶりにセルフサービスで飛行機にガソリンを入れました。
値段は$1.36/L。日本円にするとリッター148円くらいでしょうか。日本のレギュラーガソリンと同じくらい?


原油高、航空会社を直撃 日航、苦しい業績回復
2006年8月1日(火)『朝日新聞より』

原油高は、飛行機の運賃にも及んでいる。国内線運賃は日本航空、全日本空輸両社が4月から約4%、平均約950円値上げし、国際線は3月から日航が片道600~6,500円、全日空が600~3,000円上げた。
両社は、原油の先物予約で急激な燃料費増を抑えたり、機体軽量化へ無塗装の貨物航空機を導入したりするなどの工夫をしているが、「収益の圧迫は避けられない」(全日空)という。
日航は長距離路線や古い大型機が多く、影響を受けやすい。例えば、成田―ロンドン間を300人乗りの大型機で飛ぶにはドラム缶650本分の燃料が必要。市況価格換算で03年度の400万円から05年度は2倍の800万円にはね上がった。
06年3月期連結決算で約470億円の当期赤字に陥った日航は、07年3月期は30億円の黒字を目指すが、原油高が進めば達成は難しくなる。西松遥社長は「航空機の小型化を進めなければ、致命的になる」といい、今後5年間で7,540億円をかけて燃費の良い86機の中小型機を購入する。
全日空は31日、前年度比450億円増と見込んでいた06年度の燃料費がさらに100億円増える見通しを示した。国内線運賃の再値上げはしない方針だが、日出間公敬常務は「下期は原油高の影響がより大きく出る」と、業績悪化への懸念を示した。


記事に載っている成田―ロンドン間の機材は多分B777?
片道でドラム缶650本分の燃料ですか。その値段が03年度は400万円で、05年度は800万円。。。
単純に乗客300人で割ると03年度は一人当たり1万3333円で、05年度になると一人当たり2万6666円の負担。
赤字になるのもうなずけます。

更にJALは世界中でB747シリーズを最も多く保有する航空会社。
故に原油価格高騰の影響を他のエアライン以上に受けるのではないでしょうか。

B747-400ERは最大で燃料が241,140リットル積めます。ドラム缶にして1,206本分。
その燃料を使って飛べる最大航続距離は14,200km。

燃費はリッター59メートル。

しかしドラム缶650本分の燃料の値段が05年度で800万円という事は、ドラム缶1本分の値段は1万2308円。
ドラム缶1本200リットルなので1リットルあたりの値段は約62円。

B747-400ERが燃料1リットルを使って59メートル進むのにかかる燃料代は平均62円也

以前このブログで算出したセスナ150(2人乗り)の燃費が大体リッター10.5km(55%BHP)で燃料代は1L当たり平均148円也

セスナの方が燃費は良い(機体もエンジンも小さいんだから当たり前ですが)。
ではB747-400ERとセスナ150の燃料代を乗客一人当たりで比較するとどうなるか。

B747-400ERが10.5km進むのにかかる燃料代は約1万1034円。
乗客が200人乗っていたとすると、一人当たり55円

一方、セスナ150が10.5km進むのにかかる燃料代は148円、2人乗りですからパイロットの他に乗客は1人だけ。一人当たり148円


燃費はともかく、乗客一人当たりの燃料代はB747-400ERの方が格段に安い。
しかしこの燃料代を安いと見るか高いと見るか。
探偵ナイトスクープ   ◆Mの訓練日記
2010年のバンクーバー冬季オリンピックに向けて、我々が訓練している空港では拡張工事が進んでいます。
滑走路も一部閉鎖され、伸長工事が行われています。
日本では飛行機の音がうるさいからって滑走路をパワーショベルで掘った人がいたようですね。


「音やかましい」と滑走路掘り返す、男を逮捕…浜松
『読売新聞より』

静岡県警浜北署は29日、静岡県浜松市在住の無職男性を航空危険行為処罰法違反の現行犯で逮捕した。
調べによると、容疑者は同日午後0時50分ごろ、同市上島の天竜川浜北滑空場で、パワーショベルを使い、滑走路(芝)を横切るように約35メートルにわたって土を掘り返した。
調べに対し、「(軽飛行機の)音がやかましかった」と供述している。昨秋にも利用者とトラブルとなっていたという。
同滑空場は、容疑者宅から約1.5キロ離れており、グライダーやヘリコプター、軽飛行機が週末を中心に訓練などに使っている。この日も軽飛行機1機が空撮と訓練を兼ねて離着陸しており、事件で着陸できずに別の飛行場に向かった。


通常滑走路が使えなくなる場合は事前にお知らせ『NOTAM(Notices to Airman)』が出ます。
なので、フライトに出発する前には目的地や途中の空港などのNOTAMをチェックしてフライトに支障が無いかを調べます。
しかし今回のように突然滑走路を掘られては、パイロットはさぞかし驚いた事でしょう。
記事によると訓練も兼ねたフライトだったようですから、もしかしたら訓練生と教官が乗っていたのかもしれません。
訓練生としてはNOTAMをフライト前に調べたのになんで?って心境でしょうし、教官にとっては訓練生が事前にNOTAMをチェックしていなかったかも?と訓練生を疑ったかもしれません。


全然関係ない話になりますが、昨日の出来事。

夕方6時ごろ、一人で買い物帰りに近所の公園を歩いていました。
公園の名はスタンレーパーク。夏休み中ということもあって観光客で賑わっていました。
一人で歩いていると小学生くらいの娘を連れたお母さんらしきアジア人に声をかけられました。

「My daughter is missing...」

エッ?!
お母さんは半分泣きながらエムに訴えます。
その親子は日本人でした。日本語で話し掛けると事の全てを話してくれました。
どうやら日本から個人旅行でバンクーバーを旅行中の母1人娘2人。
今日は3人で自転車をレンタルして公園を散策していたとの事。しかし下の娘が先に走って行ってしまい、かれこれ30分ほど姿が見えなくなった。
しばらく近辺を探してみたが見つからない。
英語はあまり喋れないので、どうして良いかわからない。
お母さん、かなり動揺していました。

「どうしたら良いでしょうか?」

取り合えずお母さんとエムで探す事に。
エムはお母さんの自転車を拝借して親子が散策してきたルートを捜索、お母さんともう一人の娘は先に進んで捜索。
そして30分後。
捜索を終了してエムが集合地点に戻ると、

母「いました!その先のベンチに座ってました!」

無事で良かったです。
自転車をお母さんに返して帰ろうとすると、

母「お名前と住所を教えてください。このままでは日本に帰れません。」

とお礼を述べられたのですが、

エム「いやいやいやっ、大したことしてませんから。」

母「でも本当に助かりました。ぜひ教えてください。」

エム「いやいやいやっ、そんな。。。」

母「教えていただけなければ、『探偵ナイトスクープ』に依頼しますよ。」

エム「えっ?探偵ナイトスクープ?」

関西人やったんや。
探偵ナイトスクープに依頼の手紙を書かせるのもお手数かと思い、住所と名前を渡して帰りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。