カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「故郷」   ◆Mの訓練日記・リターンズ
「カナダへの航空留学」をご覧の皆さん、こんにちは。
M改めエム、更に改め「憂国のフライトインストラクター・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



兎追いし かの山
小鮒釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷

如何に在ます 父母
恙なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出ずる 故郷

志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷




突然ですが日本の歌百選の一つ「故郷」です。
今回の一時帰国で、故郷のありがたさを身に染みて感じている今日この頃。

かの山に兎はいませんが、
友がきも既にいませんが、
そして志を果たしたわけでもありませんが、


今日は「故郷」


ヱムの“故郷”というか、実家は京都の山の中。
24時間開いているコンビニも無ければ、ファミレスもありません。
宅配ピザは店と家の中間地点まで取りに行かないといけません。
田んぼや竹林に囲まれ、蛇やムカデの出現は日常茶飯事。
絵に描いたような「田舎」です。
地元の人たちは、

「何も無いのがこの町のウリ。」

と誇らしく語ってくれます。
私もそう思います。

そして今回の帰郷で初めて知った事実が一つ。

「竹林は日本全国何処にでもあると思っていたのは間違い。」

前述の通り、実家の周囲は竹林です。
家から3分も歩けばそこは竹林。
360°何処を見ても竹・竹・竹。
犬も歩けば竹に当たる。
石を投げれば竹に当たる。
春になれば道沿いに竹の子売りの屋台が出ます。
確かに京都は竹が多いと言われていますが、竹林は日本全国何処にでもあると信じて疑っていませんでした。
しかし東京から来た東京生まれ、東京育ちのY女史曰く、

「何でこんなに竹ばっかりなの?」

と珍しそうに一言。

「こんな竹林、何処にでもあるでしょう?何故そんなに珍しがる?」

と逆に私が不思議に。
しかしどうやら

「竹林は日本全国何処にでもある訳では無い。」

との事。
生まれてこのかた30年の常識が一気に覆されました。
そして次の瞬間、今まで気にも留めていなかった竹林が少し誇らしく思えました。

「ヱムの故郷にはこんな立派な竹林があるんだぞっ!」

って。
でも、

「さぞかし美味しい竹の子が食べれるんですねぇ。」

と聞かれても、竹の子はあまり好きじゃないのでよく解かりませんが。


と言う事で、“故郷”


人それぞれ、形は違えどそれぞれの“故郷”。
生まれた家や町、母校、親戚や友人、そして父母。
他の人からは想像もつかないような形の“故郷”もあるかもしれません。

そしてそれを懐かしむという事。

その場所やその人たちを懐かしむ心は“故郷”というものに通ずる部分があるような気がします。
その昔、石川啄木は

故郷は
遠くにありて
おもうもの


と詠みました。

時間が経って初めて懐かしめるもの。
遠くに離れて初めて懐かしめるもの。
失って初めて懐かしめるもの。

思い出を懐かしむ。って事もそうなのでしょうか。



そんな私の“故郷”では、父が今日も庭仕事をしています。
スポンサーサイト
日本から帰ってきました。   ◆Mの訓練日記・リターンズ
「カナダへの航空留学」をご覧の皆さん、こんにちは。
M改めエム、更に改め「憂国のフライトインストラクター・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



バンクーバーに帰ってきました。
約2週間の日本滞在も、あっと言う間に過ぎてしまいました。
あれもして、これもして...って意気込んで帰ったつもりだったのですが、2週間は長いようで短かった。
焼肉屋に行くのを忘れてました。


帰りのフライトは関空発エアカナダ・バンクーバー行き。
夕方5時55分発。
午後3時半に空港に到着してチェックイン。
毎回手荷物一つでカナダ-日本を往復するのですが、ロンドンでのテロ未遂事件で液体物の機内持ち込みが規制されてしまった為、今回はカバンを一つ預けました。
カバンの中身は日本食。
液状の物ももちろん預け荷物の中に入れておきました。

チェックイン終了後にお土産物屋を物色。

実家が京都なのでお土産はやっぱり『おたべ』、生八橋です。
『おたべ』を数個関空のお土産物屋で購入しました。
でも『おたべ』って美味しいのでしょうか?
食べた事がありません。

「京都の人なのに食べたこと無いの?」

って言われるかもしれませんが、食べた事ありません。
イヤッ、あったかなぁ...どうだったかなぁ...
京都の人ですが金閣寺にも行ったことありません。

東京の人がみんな浅草の『雷おこし』を食べた事があるか?
東京の人がみんな東京タワーに登った事があるか?

というのと同じ事だと思います。

関西人ですが、お好み焼きやたこ焼きも...

これは食べた事あります。
今回の日本滞在中ももちろん食べました。
何てったって関西人の主食ですから。


話は戻って、搭乗開始時刻の30分前にゲートに到着。
ベンチに座りながらこれから乗るエアカナダのB767を眺めていました。
関西国際空港は搭乗ゲートから飛行機が良く見えます。
全面がガラス張りなのでこれから乗る飛行機はもちろん、滑走路も対岸の景色もバッチリ眺める事が出来ます。

飛行前外部点検(Walk Around)をする機長、各種点検箇所を点検して指差し確認をするライン整備士さん、荷物や機内食を積み込む作業員さん達。
コックピットでは副操縦士がフライトの準備をしている姿も見えました。

そして搭乗時間になりアナウンスが流れます。

トイレに寄ってから他の乗客と共に機内へ移動。
指定された座席へ行くと既に隣の席には女の子が座っていました。
ヱムの座席はもちろん窓側。
隣の女の子が席を立ってヱムを通してくれました。
年の頃なら20代前半。
キャミソールにカーディガンを羽織り、膝上までの短パンにロングブーツ。
学生さんでしょうか、どうやら1人旅のようです。
当たり前ですが、この子はこれから約9時間のフライト中ずっと隣に座る事になります。

おじさんと言われても構いません。

隣に座ってくれる人は男性より女性の方が嬉しいです。
別にどうこうしようなんて思ってもいませんが、女性の方が嬉しいです。

搭乗後間もなく機内アナウンスが流れました。

「本日は座席に余裕があります。離陸後ベルトサインが消えましたらお座席を移動して頂いても構いません。」

との事。
隣の女の子が空いている席に移ってくれれば、窓側2席はヱムのもの。
9時間のフライトも多少快適に過ごせそう。

...でも、

そそくさと移られたら、それはそれで淋しい。

男心は複雑です。

「隣に座ったオヤジィ、チョーヤラシそうだったのぉ。だからすぐに空いてる席に移ってやった。」

なんて言われたらチョーショックです。
敢えて無関心を装い、買ってきた雑誌に没頭してみました。

それが功を成したのかそうでないのか、女の子は座席を移ることなくヱムの隣に座り続けてくれました。
すぐ隣の中央3列が全て空いているにも関わらず、ヱムの隣に座り続けてくれました。

話し掛けるタイミングを伺いつつ最初の機内食が終了。

再び雑誌に没頭するフリをしていると女の子は眠り始めました。

狭い座席では寝るのはなかなか大変です。
体を右に向けたり左に向けたり。
窮屈そう。
そのうちヱムの方に「く」の字に体を折って眠り始めました。
しかもだんだんこっちに寄って来る。

「これ以上こっちに来ないで...オジサン勘違いしちゃう。」

徐々にヱムの方へと接近してきます。
ヱムは徐々に窓側へ逃げて、最後は窓にへばり付くような体勢に。

そして追い討ちをかけるように機内の照明が落とされました。

「これはもう窓に寄りかかって寝るしかない。」

窓枠に枕をセットしてお休みモード。

ウトウトしかけたその時。


「グッ、ゴォー...カッ、ガァー...」


イビキです。
顔に似合わず派手なイビキです。
ヱムもビックリなイビキ。

しばらくするとイビキは止みましたが、ヱムが眠りにつきそうになると、


「グッ、ゴォー...カッ、ガァー...」


と再発。
女の子チョット緊張感無さ過ぎ。

バンクーバー到着2時間前の朝食サービスまでそのイビキとの格闘は続きました。


で、結局その子とは一言も言葉を交わさず。

ヱムって結構シャイなんです。
不器用なんです。
イビキがうるさくても何も言えない。
だって起こしたら可哀想じゃないですか。
だからヱムはずっと座席で大人しくしてました。
トイレにも行きませんでした。
9時間座りっぱなしでした。


エコノミー症候群は気の弱い人がかかるんだろうな。きっと。
初心者標識忘るべからず   ◆Mの訓練日記 in Japan
「日本への自動車運転留学」をご覧の皆さん、こんばんは。
M改めエム、更に改め「憂国の初心者ドライバー・ヱム in Japan」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



長期間海外に滞在している皆さん、日本の運転免許証はちゃんと更新していますか?

先日、京都府の運転免許試験場へ行ってきました。

目的はもちろん運転免許証の更新です。
しかしヱムの誕生日は7月。
既に更新期限を6ヶ月以上過ぎていました。

3年前の更新時もやっぱり更新期限が切れてから手続きに行ったんです。
しかし更新期限が切れてから6ヶ月以内だったので、筆記試験、実技試験ともに免除。
しかし失効扱いになり、新規発給になりました。

つまり初心者扱いです。

2時間の講習を受講して受け取った免許証の裏には

「初心運転者標識免除」

というハンコが押されていました。
つまり免許証上は初心者ですが、本当は1年以上の運転経験があるので初心者じゃないから、初心者マークを貼らなくても良いよ。

っていう事です。



それが前回更新時のこと。

で今回。

更新期限が過ぎてから6ヶ月と2日。
なぜかというとヱムの誕生日は7月12日。
つまり更新日は誕生日の30日後の8月12日。
そして更新日の6ヵ月後は2月12日。
当初の予定では2月12日に運転免許試験場に行く予定でした。
そうすれば前回と同じように筆記試験、実技試験免除で新規に免許証を発給してくれる。
そして裏に初心者標識免除のハンコも押してもらえる。



...というハズでした。



が、しかし...



2月12日は祝日だった。



建国記念日。



いつも「憂国の・・・」と名乗っている割には、この日ほど「建国記念日」が恨めしかった事は無かった。

祝日ですからもちろん運転免許試験場はお休み。

必然的に6ヶ月をオーバーしてしまいます。

筆記試験と実技試験を受けないといけないの?

マジで?

そこでドキドキしながら行ってきました。

何で更新に来れなかったか理由を聞かれたときの為にパスポート持参。

受付で恐る恐る聞いてみました。

「あ~、外国にいたのね。じゃ、パスポートか何か証明する物ある?」

パスポートを見せてカナダに居たことを証明。

「じゃ、試験は免除ね。」

ホッとしました。

「それじゃ、失効手続きをしましょう。住民票持ってきた?」

持ってませんでした...



翌日

住民票を取り寄せて再度挑戦。
失効手続きをして、写真を撮って、初心者運転手の皆さんに混じり2時間の講習を受講。

ようやく運転免許証を受け取りました。

「こちらが新しい免許証になります。今日から一年間運転するときは初心者マークを貼って下さい。」



...エッ?

前回は裏に「初心者標識免除」ってハンコを押して貰えたんですけど...

「今回は6ヶ月以上過ぎてしまったので、初心者マーク貼って下さい。」

マジですか?
一応運転暦は10年で無事故無違反。
本来なら

ゴールド免許

なのに...


マーク2枚セット、470円お買い上げ。


P.S.
オフ会の件ですが、今回は見送る事にしました。
風邪の症状が酷くなり、大事を取っておとなしく休養します。
楽しみにしていて下さった皆さんゴメンなさい。
若葉マークが相当ショックだったようです。
窓側族   ◆Mの訓練日記・in Japan
「日本への航空留学」をご覧の皆さん、こんちは。
M改めエム、更に改め「憂国のインストラクター・ヱム in Japan」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



日本から初更新です。

京都から初更新です。

実家から初更新です。


では今日は帰国時のフライトの話を少し。

カナダ・バンクーバー国際空港を出発したのは2月7日の12時25分。
搭乗機はエアカナダのB767-300。
毎回飛行機に乗るときは窓側に座ります。
なぜなら外が見たいから。
今回も例に漏れず窓側をリクエストして即オッケーを貰いました。

通路側の席を好む人も多いでしょう。
トイレに立つ際に隣席の人に気を使わなくて良いからでしょうか。
確かに窓側に座ると毎回席を立つ際には隣の人に退いてもらわないといけません。

非常に気を使います。
なので窓側を敬遠する人は多いでしょう。

でもそんな事よりヱムは窓から外の景色が見たい。
主翼のエルロンやフラップが稼動している所が見たい。
乱気流でバタバタ揺れる翼端が見たい。


そして今回のフライトでは面白い光景を目にすることが出来ました。


バンクーバー国際空港を離陸後、しばらくいつものフライトで見慣れた風景が続きました。
バンクーバー・ダウンタウンを右手に見ながら上昇、バンクーバー島に沿って北上していきます。
あいにく天候が悪く途中からずっと雲の上で地上は何も見えなくなりましたが...
しかし雲の上を飛んでいて気付いたことがありました。
雲に影が映っています。

一筋の黒い影。

窓から見ると真っ直ぐ機体後方へ伸びています。
最初はなんだか分かりませんでしたが、遠くに平行して飛んでいた飛行機を見て気が付きました。

飛行機雲の影。

遠くに平行して飛んでいた飛行機が飛行機雲を従えて飛んでいました。
ならばヱム搭乗機も飛行機雲を従えて飛んでいる筈。
影の正体はやはりヱムが乗っていたB767の飛行機雲の影でした。
ヱムの座席は進行方向右側。
つまり飛行機が西に向かって飛んでいたので窓は北側になります。
ということは太陽は左側。
なのでヱムの窓から見える北側に自機の飛行機雲の影が眼下の雲に映っていたのでしょう。

更に窓から少し上を見ると飛行機雲の残骸らしき薄い雲の層が、ヱムの搭乗機と同じ方向に向かって筋になって伸びていました。
先行機が残した飛行機雲でしょうか。
それと関係があるのかどうか、ベルトサインが点滅してコックピットからアナウンスが入りました。

「この先しばらく揺れるのでベルトを着用してください。」

アナウンス後しばらくして揺れ始めました。
恐らく飛行機雲の主である先行機が揺れの情報を送ってきたのでしょうか。
だとしたら関空行きの数分前に離陸していった成田行きのA340に違いない。


かなり進んで日本上空での景色。


到着2時間前になり眼下に陸地が見えてきました。
日本の何処かでしょう。
至るところに飛行機雲の残骸を目撃。
頻繁に飛行機が行き交っています。
大空といえども空は意外と狭い。
窓から目を凝らすと結構沢山の飛行機を見つけることが出来ます。
遠くに飛んでいる飛行機を見つけては心の中で、


「I Have a Traffic Insight...」


なんてつぶやいてみたり。
危ない人です。

通常飛行機は巡航時だとマッハ0.8とかで飛んでいるのでしょう。
でも窓からの景色だけではなかなかそんな高速感は味わえません。
もし正面から飛行機が同じ速度で向かってきたら相対速度はマッハ1.6。
つまり音より速く接近してくることになります。
もし同一コース上で向かい合うような事になれば、人間の目だけでは回避不可能でしょう。


そんな事をボーッと考えていたその時!


遠くに飛行機を発見しました。
ヱムの搭乗機より少し低い高度のようです。
どうやらこちらに向かってきている様子。
次の瞬間搭乗機は左に緩いバンクを取り始めました。
その時!遠くに見えていた飛行機は「...っ」という間に


...JLのB747-400!!!...


って、接近して左バンクを取りながら真下をすり抜けていきました。


飛んでいるB747-400をあんなに間近で見たのは生まれて初めて。
テレビ・コマーシャルみたいでした。
って言うか...
ニアミス?
ニュースになっていないところを見ると、問題は無かったのでしょう。
多分ヱムの搭乗機もすれ違ったJ∧LのB747-400も巡航中だったので高度差は最低でも1000ftはあった筈。

でもビックリしました。

でもなんだか得した気分。

日本の空は混んでました。

ヱム以外客室では誰もこの接近に気付いていなかった。
帰りも窓側に座ろっ。


あっ、帰りのフライトは夜だった...
日本に帰ります。   ◆Mの訓練日記・リターンズ
「カナダへの航空留学」をご覧の皆さん、予ハ常ニ諸子ノ先頭ニ在リ。
M改めエム、更に改め「憂国のお金とは無縁なインストラクター・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



宝くじ(Lotto649)を買うのを止めたヱムです。
諦めたヱムです。
自分はもう絶対に当たらないと悟ったヱムです。

なぜなら身近に宝くじ当選者がいた。推定7億円。

生まれて初めて宝くじ当選者に会いました。
確率からして、身近に宝くじ当選者がいるヱムが宝くじに当選する確率は...


極めて低い。


ここ数日、異様なくらい濃い霧に包まれたバンクーバーです。

霧で視程は200m。
訓練フライトは全てキャンセル、車を運転するのも大変そうです。
バスに乗っていると霧でどこにバス停があるのかよく見えません。
霧の中から突然現れたバス停に急停車するバスドライバー。
いつも思うんですが、この辺のバスドライバーって運転がチョッと...荒い?

車を運転しないヱムが偉そうに言うのもなんですが、本当に...荒い?

全てのバスドライバーが荒いと言っている訳ではなく、中にはとても丁寧なドライバーもいます。
しかし運転荒いドライバーの確率が...高い?

でも彼らの立場から見てみると、過密なスケジュールで時間通りに運行しようとするとそうなってしまうのかもしれません。
更に外国からの移民が多いせいで言葉が通じない乗客や自分勝手な乗客もいたりしてストレスの溜まる仕事でしょう。

どんな仕事も現場で働く人たちはそういうストレスが溜まります。



先日発表されたJ∧Lの「再生中期プラン」。
新年度中に特別早期退職700人を実施してグループ人員約8%の4,300人を削減、ボーナス・退職金もカットで人件費を約500億円圧縮するそうです。
更に地方の赤字路線廃止、代わりに好調なアジア路線を拡大。

経営再建の為、経営陣苦渋の選択だそうです。

そしてリストラや路線廃止で捻出したお金で機材の更新をするとの事。
でもリストラや路線廃止で捻出したお金だけでは足りないので、銀行から融資を受ける。
だからリストラや地方路線廃止などの経営再建計画は、もともと銀行からお金を借りるための絶対条件。

「だってリストラしないと銀行がお金貸してくれないんだもん。」

って言ってしまえば楽なのに。

「痛みを分かち合いたい。」

年収が部長以下の960万円で電車通勤ですか...
組合を説得するもの大変です。

「予ハ常ニ諸子ノ先頭ニ在リ。」

って。
でも一番気まずいのは中間管理職の人たちなのかも。
社長より高額な給料を貰いながら部下のリストラ...

社内でまた一波乱ありそうな予感。


しかし今回の再建計画で忘れてはいけない事。

それは人件費削減にパイロットや整備士など、安全運行に関わる人件費は含まれていません。
当たり前と言えば、当たり前です。
コスト削減の為に安全を犠牲にしてはいけません。
そんなことしたら、ますます信用が落ちて経営再建どころでは無くなってしまいます。


ちなみにJ∧Lのパイロットの平均年収は1,950万円らしい。


P.S.
明日から2週間ほど日本に帰ります。
日本でオフ会しようぜ!
異国の映画館   ◆Mの訓練日記・リターンズ
「カナダへの航空留学」をご覧の皆さん、こんばんは。
予ハ常ニ諸子ノ先頭ニ在リ。M改めエム、更に改め「異国の憂国のフライトインストラクター・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



しばらく晴天が続いたバンクーバーですが、今日は雨です。
日本の今年の冬はなんだか暖かそうで、東京では観測史上初、雪が降らない冬になるとかならないとか。

先日久しぶりに映画を見てきました。

「硫黄島からの手紙」

カナダの映画館でアメリカ・ハリウッド製の全編日本語映画を観た日本人のヱム。
既にご覧になった方もいらっしゃるでしょう、敢えて内容に関しては語りません。

で、カナダの映画館ですからお客さんはカナダ人が大多数。
日本語が解からない彼らのために英語字幕が付いてます。
先週まで翻訳作業に没頭していたヱムは字幕に敏感に反応してしまいました。

日本人俳優さん達の口から発せられる重みのある台詞...
しかし英語字幕になるとなんだか重みのない言葉に感じられる。

それはヱムが日本人だからでしょうか。
英語人たちにはちゃんと伝わっているのでしょうか。

でもまぁ、その逆の場合もあるわけで。
偉そうな事は言えませんが...

しかし大局的に観れば、この映画が意図する事は十分に伝わってきたと思います。

もちろんカナダ人、日本人に関わらず。
しかもヱムの場合に限っては日にちが経てば経つほど徐々にジワジワっと。

「ん~、そういう事だったのか...深い...」

ってな感じに。


で、一つ。

一つだけ腑に落ちない所が。

「何でそこで笑うの?」って所です。

映画館で映画を観ていると、それぞれの観客が笑う『タイミング』って微妙に違ってきます。
「硫黄島~」を観ている時も日本人のヱムが可笑しいと思ったシーンと、カナダ人が可笑しいと思ったそれが微妙に違ってました。

カナダ人が「硫黄島~」で一番笑ったシーンとは、西郷一等兵が栗林中将に二回助けられて命拾いし、その際に渡辺謙演じる栗林中将の言った台詞。

「またお前か。二度あることは三度あると言うからな。」

この台詞に館内のカナダ人大爆笑。

なんで?

確かにこの言葉により西郷一等兵は三回目も助けられ、最後まで生き残る事になるのですが...
笑うほど面白かったのでしょうか。
しかもシーンは最後の突撃を敢行する直前。
ヱム的にはその後の西郷一等兵の運命を左右した決定的な一言として心に残ったのですが。

笑う所じゃないでしょう。

まぁ、そんなこんなで異国で観る異国製日本映画でした。




「米大統領はテロリスト」示すTシャツ、搭乗拒否 豪州
2007.01.23『CNN日本語版ニュース』より

キャンベラ――オーストラリア人男性(55)が、ブッシュ米大統領の写真、「世界一のテロリスト」との字句が入ったTシャツを着用していたため同国カンタス航空のロンドン行き便搭乗を断られ、言論の自由の侵害を理由に法的措置を取る構えを示している。
メルボルン国際空港での出来事で、カンタスは他の乗客の困惑を呼びかねず、安全な運航を損ねる恐れがあるとして、搭乗を拒否していた。別の着衣に着替えれば、搭乗を認めるとしていたが、男性がこれをはねつけていた。
男性は、ロンドン滞在のIT技術者のアレン・ジャソンさん。里帰りしていたもので、豪州メディアに対し、「他のシャツは嫌だし、航空料金をむだにすることも考えたが、言論の自由のため闘うことにした」と主張している。
問題のシャツを着て、カンタスの国内便を以前利用したことがあるが、何ら問題にはされなかったと反論もしている。



Tシャツの文字が英語じゃなくて日本語だったら問題にならなかったんでしょうか。
日系エアラインだったら問題にならなかったんでしょうか。
ビンラディンの写真だったら問題にならなかったんでしょうか...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。