FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ある民間企業   ◆そのうち定期便
N: さてみなさん、今日は航空ネタですがちょっと視点を変えて、ある地元企業に焦点をあててみました。
H: 地元って?
N: バンクーバー国際空港のある町、リッチモンドです。
K: たしかに国際空港がある関係で、ここには航空産業にたずさわる企業が多いですね。
N: あまり知られていない企業ですが、政府から委託された航空機の事故原因調査を行うのが主な業務です。
また政府とは限らず、保険会社、エアライン、またパイロット(やその家族)からの原因究明の依頼にも応えています。
H: 事故調の公式な見解とは異なる結果が出ることも?
N: あるそうです。ただ今日の話題は事故原因の裏・表ではなく、こういう事故原因もあるのだという例を紹介しようという企画です。
K: ヒューマンエラーとか?
N: ヒューマンエラーには違いないのですが、パイロットではなく、製造過程のエラーです。
H: なんとなく、怖い話になりそうだね。これ、夏の夜の企画にしたら?
N: いえ、番組もネタ不足にあえいでいるので、そんな悠長なこと言ってられないんです。アクセス数稼がないと・・・。
K: いいから、すすめて。

N: 最初の例は2000年10月13日にハワイのヒロで墜落したユーロコプターのAS350の例です。
離陸直後にテールの破損で墜落した機体は、本来ならこの部分は1mm厚のアルミで構成されているはずが0.8mm厚しかありませんでした。このため、テールセクションのねじれに対する耐性はほぼ半分にまで落ちてしまっていました。このような製造上の欠陥はかなりの数のヘリコプターで見つかっています。

N: 次の事故例はここ、カナダのBC州での事故です。
N: 2005年4月、コモックス空港(バンクーバー島にある空軍基地)にアプローチ中のパイパーナバホ(またまたAirlines.netから画像を拝借します。またこの機体は資料画像ですので、事故とは何ら関係ありません。)がエンジンから出火、炎上して25歳のキャプテンと23歳のコパイ、2名の乗員が死亡した事故です。
H: この事故は知ってます。
N: 事故原因はオイルガスケットの不良でした。これはオイルフィルターの一部をなす、ゴム製のパッキンみたいなものですが、事故機のこれは適切でない素材で作られたものでした。
ここからは、この調査にあたったヒース氏の言葉です。
「不適切な素材のため、このガスケットはオイルに触れた部分から徐々に溶融し、ゼリー状になっていったのです。そしてついにガスケットを突き破ってオイルが噴出、高温になったターボチャージャーにかかって着火しました。」
炎はエンジンナセルから主翼下面へと広がり、燃料タンクすぐ外側のアルミ外板をほとんど瞬時に溶かしました。
「そして、バン!燃料タンクが爆発するまで10秒とかかりません。それで一巻の終わり。」
H,K :・・・・・

N: ヒースは続けます。「エンジンメーカー、この場合はペンシルベニアに本社のあるライカミング社はパーツの多くを、航空関係の他メーカーに外注しています。ところがこの場合のガスケットは航空産業とは関係のない、単純に最低価格で請け負うような会社に発注されたのです。」
「そして外見はまったく普通のガスケットが納入されました。唯一の違いは、オイルで溶融していくという、あってはならない間違った素材で作られていたことでした。」
「会社は同じような重大事故が起こっていたのを、実はこの事故の前から知っていたのです。」
「この事故の犠牲になった二人の若いパイロットには何の落ち度もありあませんでした。パイロットがやるべきことを忠実にこなしていたその一方で、不良品を作ったメーカーがある。彼らは不良品を作ったことのみならず、それを出荷してしまったことも知っていた。しかしそれに対する有効な手段(回収など)を取ることが出来なかったのです。」

H: パイロットとしては複雑な心境ですね。
K: だから純正品を使えと・・・
H: いや、この場合純正品が不良品だったわけでしょ。死んだパイロットは死んでも死に切れない。俺の何が悪かったんだって・・・。
K: でもどこかで割り切らなきゃならないわけでしょ。いくら自分の命が大事だからって、パーツの一つ一つまでパイロットがチェックできるわけないからメーカーやメカニックを信頼するしかない。それを信頼できないとなったら、飛べませんよ。
N: パイロットの宿命みたいなものでしょうか。今日はかなり重い話題になってしまいましたね。

N: 北米にはこのような企業が8つほどあるそうです。ちなみに今回の会社(R.J. Waldron and Co.)の社員は、今日出演していただいたヒース氏とルーパート氏の二人です。
また今回のお話は4月21日発行の地元紙、The Richmond Reviewの記事「Private eyse of the skies」をもとに、NHKが多少の脚色を加えて日本語訳したものです。

K: Private eyes, watching you~
H: Kさん、それも40禁ネタやん。いまどきその曲知ってる人いるかいな。
スポンサーサイト
祝・ご結婚   ◆Mの訓練日記・リターンズ
K&Y

ご搭乗の皆様こんにちは。本日も「カナダへの航空留学」をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
ご搭乗機はCFC777便、バンクーバー・Canadian Memorial Church発ZBB空港行きでございます。
本日の機長は松○K、客室乗務員は○田Y改め、松○Yでございます。
なお、Yさんは本日よりK機長専属となりましたので、ご用の際にはどうぞお気軽にその他の乗務員にお申し付け下さい。


これからの飛行中どんな乱気流が起こるかわかりません。お座席にお座りの際はベルトをしっかりとお締めになり、ズボンのベルトは目の前の御馳走をお召し上がり頂くため、十分に緩めて下さい。
また、新婦Yさんは新郎Kさんの財布のひもをしっかりとお締め下さい。
また仕事上でのストレス、愚痴、女性関係などは新婦のご機嫌を損ねる恐れがございますので機内にはお持込になれませんので予めご了承下さい。
K機長がお持込になれますお手荷物は、厚みのあるお給料袋のみとさせていただきます。

それでは只今より、機内に装備されております緊急用設備の使用法をご説明いたします。
皆様前方のスクリーンにご注目下さい。

救命胴衣は皆様のお座席の下にございます。
お二人の愛におぼれそうな際、お取りだしください。救命胴衣は頭から被り、ベルトをおしめ下さい。
赤いタグを引きますと救命胴衣は膨らみます。
ふくらみが足りない場合は両方の管から愛情をいっぱい吹き込んでください。
なお、お二人の新居には玄関と裏口に非常口がございます。飲みすぎての深夜の帰宅時の入り口、夫婦喧嘩の際の脱出口としてK機長は予め脱出口を2ヵ所以上確認しておくことをお勧めいたします。
また新婦Yさんは緊急事態に備え十分な訓練を重ねております。新郎Kさんはポケット内のマッチ、領収書、香水、口紅などには十分にお気をつけください。

皆様大変お待たせいたしました。ご搭乗機はまもなく離陸いたします。
お座席のベルトはお締めでしょうか。今一度ご確認下さい。

それでは機長に代わりまして、ご搭乗機の飛行予定をご案内致します。
ご搭乗機はバンクーバーを定刻通り離陸、巡航高度は幸せいっぱいの上昇気流にのってどこまでも上昇を続けております。
目的地までの飛行時間は現在永遠でございます。
地上からの連絡によりますと、目的地周辺の天候は快晴、気温はお二人の愛の熱気でアッツアツ、測定不可能との報告が入っております。
離陸後は甘い新婚生活上空を通過、限りない幸福へと向かって参ります。
なお、機長Kさんは現在トレーニング中のスチューデント・パイロットでございます。
途中、操縦を誤り機体が大きく傾くことも予想されますが、新婦Yさんがしっかり支えてくれることと思いますので、皆様どうぞご安心下さいませ。
また何分若い二人でございます。少々揺れることがございましてもお気になさらずに、皆様の温かいお心添えを持ちまして安全飛行にご協力くださいませ。

これより前方のスクリーンにて映画を上映いたします。本日上映いたします映画のタイトルはKとYの「ラブラブキッス」でございます。
どうぞ皆様前方のスクリーンにご注目下さい。
なお上映時間は8秒でございます。
(業務連絡、Kさん、YさんSTAND BYお願いします)
カメラをお持ちのお客様はどうぞ前方へお越し下さい。




まさか、本当にして頂けるとは思いませんでした。ありがとうございました。

大変申し訳ございません。
映像に乱れがございましたので、再度上映させて頂きます。



皆様、ご搭乗機はZBB空港に到着いたしました。
飛行機が完全に停止し、目の前のご馳走を全てお召し上がりになられるまで、お席をお立ちになりませんようお願い申し上げます。
また、お忘れ物のございませんよう、引き出物をお確かめ下さい。
本日の「カナダへの航空留学」はこれにて終了させて頂きますが、お二人の愛のフライトはこれからも永遠に続きます。
そしてかわいいパイロット&乗務員が誕生すること心からお祈り申し上げます。
尚お二人の愛のフライトは、本日より松○夫妻新居より毎日運行いたします。
皆様一人で寂しいとき、お二人の幸せにあやかりたい時には是非ご利用下さいませ。
その際、土産持参の方には、Cクラスへのアップグレードがあるかもしれません。

それでは最後に、「2007年独身フライトインストラクター売れ残り一掃キャンペーン」のご案内をさせていただきます。
只今「カナダへの航空留学」では様々な特典をお付けして、選り取り緑のフライトインストラクターをご用意し、皆様のお申し込みをお待ちしております。
うちの息子&娘のお土産に、是非いかがでしょうか?
お気に召すインストラクターがおりましたら、どうぞお気軽にお声をお掛けくださいませ。
商品のなかには売約済み、賞味期限切れのものもあるかと思います。左手の薬指をお確かめのうえお求め下さいませ。
尚商品は全て生モノでございます。返品、交換はいたしかねますので悪しからずご了承下さい。

本日は「カナダへの航空留学」をご利用下さいましてまことにありがとうございました。
Kさん、Yさんのご多幸を乗務員一同、心よりお祈り申し上げます。





今日は結婚式に出席してきました。

『機内サービス』で出会った二人の結婚式です。

バンクーバーのフライトスクールで出会った二人の幸せを心よりお祈りしております。

末永くお幸せに。


byヱム

P.S.
写真に写っているカメラマンはあのNHK氏です。
かわいい教え子達の為にがんばってました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。