FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ソマリア人と歯ブラシ   ◆Mの訓練日記
真夏のような暑さになったバンクーバー、最高気温は28℃でしたか。
日没は午後8時50分なので9時を過ぎても外はまだ明るいです。
今年は例年より暑い夏になるとか、ならないとか。昨日のニュースで言っていました。
この時期の最高気温が次々更新されています。

しかし日本の夏と違って湿度が低いので、過ごし易い。
日陰や室内に入ればクーラー無しでも十分に涼しいし。
外を歩いただけで汗をダラダラかく事も無い。
でも。。。


ビールがウマイのは日本の夏でしょうね。

そういやぁ、最近汗かいてないねぇ。。。



昨日Y女史から聞いた話。

「ソマリア人と歯ブラシ」

Y女史の同僚の日本人女性の旦那はソマリア人。
先日その旦那の友人の息子さんが夜中に腹痛で病院へ担ぎ込まれました。
診断の結果は盲腸、すぐに手術する事に。
息子が手術すると聞いて慌てたお父さんは友人であるソマリア人旦那に電話。


「ど、どうしよう!カナダの医者は大丈夫かなぁ?」

「ソマリアじゃないから信用して大丈夫。すぐに手術を受けさせろ!」

「ウ、ウン。。。でも、も、もし息子に何かあったら。。。」

「そんなに心配するな。それより何か俺に出来る事あるか?」



「じ、じゃ。。。タオルと歯ブラシを病院に届けてくれ!」



「。。。タオルと歯ブラシ?」



「ウン、タオルと歯ブラシ。」

「わ、わかった。。。タオルは病院で借りれるだろうから歯ブラシ持って行くよ。。。」

電話の一部始終を隣で聞いていた妻は、

「盲腸ぐらいでナニ慌ててるの?歯ブラシなんか病院の売店で買えるじゃん!しかも病院遠いし。」

「助け合うのは当然だろ!いつか自分達に何かあったらその時はみんなが助けてくれる。」

そう言って旦那は同郷の友人を心配し歯ブラシを持って病院へ。
ご丁寧に友人と会えなかった場合の事を考え、ポストイットで歯ブラシにメモを貼り付けて。

「メモを貼り付けておけば病院の受付に預けられる。」


そして真夜中に病院に到着した旦那が目にしたものは。。。








歯ブラシ片手に苦笑いするソマリア人達。


どうやら友人は動転してみんなに電話してしまったようです。


歯ブラシを持って来いと。


美しいソマリア人の友情。
『情けは人のためならず』ってことわざ、ソマリアにもあるのかなぁ。。。
ソマリアでは歯ブラシは「友情の証」。

ナンチャッテ。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。