カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
毎日暑いです。   ◆Mの訓練日記
今日で6月も終わり。
当たり前ですが明日から7月です。

暑いと飛行機もダルそうって話の続き。

前回ようやく離陸した飛行機。
いつもより長い距離を使って離陸速度もいつもより速め。
だって暑いから。

離陸後の上昇もナンだか大変そうです。
小型飛行機の場合、離陸・上昇の操作はほとんどフルスロットルです。
つまりスロットルバルブは全開。
必然的に出せるパワーは空気密度に左右されます。
寒い日は空気が濃いので平均以上のパワーが出せるし、逆に暑い日は空気が薄いので平均以下のパワー。
ということで、暑い日の上昇率は寒い日に比べて小さくなります。

加えて、例の指示対気速度。
上昇中は速度計を見て一定の速度を維持します。
離陸直後、超えなければいけない障害物がない限りセスナ152だったら67ノット。
暑い日も寒い日も67KIAS(指示対気速度)。
つまり一気圧で気温が35℃だったら指示対気速度67ノットを維持してても実際に飛行機はもうチョット速く飛んでいる。
一気圧で気温が-5℃だったら実はチョットゆっくり飛んでいる。

だから暑い日は緩やかな角度で上昇して、寒い日はチョット急な角度で上昇。
でも速度計はどっちも67ノット。


エム:イヤイヤ~飛行機君、暑いと大変やね~。
飛行機:そうやねん、離陸と上昇はキッツイねぇ。
エ:巡航高度に昇るまでにエライ時間かかるやろ。
飛:まぁ、そやねぇ。
エ:野外飛行なんて行ったら燃料もお金もかかるねぇ。
飛:燃料もお金もかかるってナンでやねん。
エ:ナンでって、暑いといつもより時間かかるって言いはったやん。
飛:そりゃ、離陸と上昇の話でっしゃろ。
エ:巡航中の水平飛行も同じとちゃいますの?
飛:イヤーッ、なに言うてますの。エムさん、解ってないなぁ~。
エ:暑いとパフォーマンス悪くなるって言われてるやん。
飛:それはエンジンだけ。
エ:どういうこと?


果たしてこの関西弁の会話が関西以外の人にどれくらい理解してもらえているか疑問の残るところですが。。。

気温が高いため、上昇するのにいつもより時間がかかってしまう飛行機。
上昇中はフルスロットルなのでそれだけ燃料も沢山消費します。

では、暑い中で何とか巡航高度に達して水平飛行に移った飛行機はどうなるか。

まず、しつこいくらいにおさらい。
気温が高いと空気が薄い。
空気が薄ければ、エンジンが燃焼できる燃料の量は少なくなります。
するとフルスロットル時に出せるパワーの最大値はそれの平均値より小さくなる。

でも空気が薄いと空気抵抗が少なくなるのも事実。それだけ速く飛べそうです。

では実際はどうなのか。

一気圧で地上の気温が15℃の日。
2,000ftを水平飛行中のセスナ152がいました。
パイトッロはスロットルを調整してエンジンの回転数を2200RPMにしました。
その時のエンジンのパワーは59%、燃料は1時間に4.8ガロン燃焼しています。
そして飛行機が実際に進む速度、真気速(True Airspeed)は91ノット。
速度計の示す指示対気速度は93ノット。

では、一気圧で地上の気温が35度の日。
同じ2,000ftを水平飛行中のセスナ152。
エンジンの回転数も同じ2200RPM。
しかし暑いので空気は薄い、つまり燃焼できる燃料の量は少ない。
燃料は1時間に4.6ガロン燃焼。結果エンジンのパワーは56%と少なくなりました。
真気速は90ノット。指示対気速度は92ノット。

一見するとパワーも速度も落ちてしまったようです。

しかし、

ここでスロットルをチョットだけ前に押してエンジンの回転数を2250RPMまで上げて見ましょう。
するとエンジンに入る空気と燃料の量が若干増えて気温15℃の日と同じ59%のパワーがでるようになりました。
燃料も同じ量、1時間に4.8ガロン燃焼。
指示対気速度も92ノットと同じ。
が、しかし真気速は93ノットにアップ。

燃料の1時間あたりの消費量は同じなのに実際に飛行機が進む速度『真気速』は速くなりました。

つまり寒い日と暑い日に同じパワーセッティングで飛べば、暑い日のほうがスピードが出る。
なぜなら空気が薄いので空気抵抗が少ないから。

速く飛べればそれだけ速く目的地に着ける。
燃料も節約できる。
航続距離も伸びます。


暑い日は一概に悪い事ばかりではないようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
パフォーマンス良くしようと・・・
(話は気温の話題から離れてしまいますが・・・)
エアカナダがテストしていた無塗装バージョンのB767。塗装を落とすだけで約160kgの重量削減につながり、燃費がよくなると期待されていたテストでした。が、
結局、余分にかかるメインテナンスのコストが、浮いた燃料代よりかかるという結果になったため、無塗装は採用されないことになったそうです。

なかなか、うまく行かないものです。
2006/07/02(日) 23:03:34 | URL | NHK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。