カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いしだあゆみとエムブラエル   ◆Mの訓練日記
天気予報では晴れるはずだったのですが、曇ってます。
昨日の日記で今年の夏はいつもより涼しいと書いたのですが、やっぱり今日も涼しい。
でもイマイチ当たらない天気予報では週末の気温は30℃超。
いよいよ夏本番ってところでしょうか。
日本の学校はそろそろ夏休みですか。

たまたまインターネットを見ていて発見したのですが、今日はアポロ11号が月面に着陸した日だそうです。
1969年7月20日20:17:40UTC(世界標準時)にアポロ11号は人類ではじめて月面着陸に成功。
『人類ではじめて』と言うことはその前に人類以外の生命体は月に降り立っていたのかもしれません。
もしかしたら極秘にNASAは地球外生命体から月面着陸に関するアドバイスを受けていたのかも。

「あぁ、月ね。こうやったら上手く降りれるで。」

って。
1969年を思い出してみると当時私は。。。あっ、生まれてなかった。

当時日本は高度経済成長の真っ只中。
『巨人・大鵬・卵焼き』の頃でしょうか。
東名高速道路全線開通。
ヒット曲にいしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」、内山田洋とクール・ファイブの「長崎は今日も雨だった」、ザ・キング・トーンズの「グッド・ナイト・ベイビー」などなど。
私でもサビの部分だけなら歌えます。

航空機業界では1969年3月2日にコンコルドが初飛行、9月2日にはB747も初飛行、ブラジルの航空機メーカーEMBRAER(エムブラエル)はこの年に設立されました。
高速・大量輸送時代の幕開け。

今となっては「古きよき時代」、お父さん達の青春時代です。

巨人は歴史的な連敗で現在5位、子供達は相撲よりサッカー、卵焼きより何?寿司?
ザ・キング・トーンズは何処へ行った?
コンコルドは運行終了、B747在来型も日本の空から姿を消してしまいました。

残ったのはいしだあゆみとエムブラエル?

これも歴史の流れです。


これからの航空機はただ大きくて速いだけじゃイケマセン。
経済性と環境重視。


この前の日曜日7月16日のニュース。

『桶川飛行場で単三乾電池160本を動力にしたプロペラ機が有人飛行に成功』

ご存知の方も多いでしょう。
東京工業大と松下電器産業が乾電池だけで飛行機を飛ばしました。
機体は「鳥人間コンテスト」に出てくるようなウィングスパンが長く低速でも揚力を沢山作り出せるもの。
飛行時間は59秒で距離が391mですから、速度は普通の人が全速力で走ったくらい。
このニュース、バンクーバーの地元新聞でも取り上げられました。
見出しは『Flying on batteries』
飛んでいる飛行機の後ろを東工大の学生らしき2人が走って追いかけるカラー写真付き。

この飛行は松下にとっては乾電池の宣伝だけなのでしょうか。
それとも何か新しい技術的な目的もあったのでしょうか。
しかしこれでパナソニックの乾電池がバンクーバーでの売上を伸ばすことになるかもしれません。

でもカナダ人は松下=パナソニックって知ってるんでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。