カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
世界の空港から~CZBB編~   ◆Mの訓練日記
昨夜のバンクーバーローカルニュースに我々の訓練空港バウンダリーベイが出ていました。
再三このブログでもお伝えしている通り、空港では現在拡張工事が進んでいます。
昨日のニュースは現在建設が進められている新ハンガーの話題。
なんでも完成すると世界最大のヘリコプターメンテナンス専用のハンガーになるとかならないとか。
費用はいくらだったか忘れてしまいましたが、取り合えず100%民間からの出資だそうです。

そこで今日はこのバウンダリーベイ空港について長々紹介してみます。


『世界の空港から ~バウンダリーベイ空港編~』

カナダの西の玄関口バンクーバー。日本から直行便を利用すれば9時間程でバンクーバー国際空港(YVR)に到着。
カナダ第3の都市バンクーバーから南へ30分ほど車で走ると、そこには広大な農地が広がるデルタ市(City of Delta)があります。
そのデルタ市の南には湾が広がり、その向こう側はアメリカ・ワシントン州。
国境をまたぐ湾ということでバウンダリーベイ(Boundary Bay)という名の付いたこの湾のそばにバウンダリーベイ空港はあります。
バンクーバー国際空港から公共バスで行く場合、2回乗換えで1時間ほど。バンクーバーダウンタウンからだと1回乗換えで1時間ほど。
1,000m級滑走路が2本、くの字型に配置され管制塔もある“コントロールエアポート”。
空港内にはフライトスクールが現在4つか5つ。内2つには日本人インストラクターが合計4人常駐、自家用操縦士免許から事業用、計器飛行証明、多発まで全てのライセンスが取得可能です。

空港の歴史は第二次世界大戦中から。
カナダ軍パイロット育成を目的に1941年4月10日に開港、直後に軍の飛行教育隊が駐在し軍のパイロット候補生は民間人インストラクターから初等訓練を受けていました。
1943年10月5日、最初の実戦部隊である第133飛行中隊が隣のアルバータ州からバウンダリーベイ空港に移ってきます。
ホーカー・ハリケーンを配備する第133飛行中隊の最初の任務は日本から太平洋を越えて飛んでくる『風船爆弾』の捕捉・迎撃。その後太平洋戦線の激化により、B-24爆撃機も配備されます。
第二次世界大戦終結後、Sea Island(現バンクーバー国際空港)の整備・拡張に伴い軍の教育隊はバウンダリ―ベイ空港を去り、1946年空港は一時閉鎖されます。
閉鎖後しばらく放置されていましたが、1949年敷地内に無線局が設置され、1968年から1971年まではカナダ軍のレーダー基地となります。
1971年以降しばらくの間、自治体により空港跡地はレクリエーション用地として地元民に解放され、ピクニックや市場に利用されました。
バンクーバー万博を控えた1983年、バンクーバー国際空港の航空機発着数は限界に近づき、トランスポートカナダ(カナダ運輸省)はバンクーバー国際空港の負担を減らすためバウンダリーベイ空港をジェネラルアビエーション用空港として再開港することを発表。
1983年7月11日、旧滑走路3本の内2本を使用してバウンダリーベイ空港は再開港、現在に至ります。
再開港後は主にトレーニングエアポートとして多くのフライトスクールが軒を並べ、カナダ国内はもちろん、世界中から訓練生が集まっています。また管制塔では管制官のトレーニングも行われています。
2005年度の発着回数は187,939回でカナダ国内5位。(ちなみに関西国際空港は102,862回(平成16年度))
上位はトロント、バンクーバー、カルガリー、モントリオールなどの国際空港であるため、実質カナダ一忙しいトレーニングエアポート。

英語で書くと「Boundary Bay Airport」。
カタカナで書くと“バウンダリーベイ”もしくは“バンダリーベイ”。どっちでも良いです。
開港からトレーニングエアポートとしての歴史を歩んできたこの空港はカナダのジェネラルアビエーションを支える最大の空港でしょう。きっと。
バウンダリーベイでトレーニングしていたと言えばカナダ国内ではチョット自慢になるでしょう。多分。

2004年12月1日から空港の所有者が新しくAlpha Aviationという民間会社になりました。
だからといって我々やフライトスクールには何の変化も無かったのですが、所有者がこの会社になってからオリンピックに向けての空港拡張工事が始まったり、お金持ち風な人たちが空港によく来るようになったり、エアショーが始まったり。。。
カナダの景気が良いのは解りますが、何だか私にはバブリーな話に聞こえて仕方ありません。。。
結果はどうあれ、この先この空港はますます大きくなっていく事でしょう。


バウンダリーベイ空港オフィシャルサイト<英語>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Cougar<-------?????
Wow, History of CZBB!
I learnt a few new things, like the airport opened even before Peal Harbor.
サンキュー; in order to clear the language barrier?!
2006/09/17(日) 10:00:50 | URL | muso #YOXw0832[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。