カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ドアを開けたのは。。。   ◆Mの訓練日記
夏休みの宿題といえば、自由研究。
小学生時代、私はこの自由研究が苦手でした。なぜなら何を研究しようか悩むから。
テキトーにアサガオの観察日記でもつけようか、庭の土を掘り返して団子虫でも集めようか。。。
今となっては何を研究したかさえ忘れてしまいました。

この小学生達は大したものです。

『小学生が世界最大の紙ヒコーキ製作 初フライト成功』
広島の小学6年生5人が全長2.05メートル、重さ約4キロの紙ヒコーキを製作し、8月5日、初フライトに成功したそうです。
山折り、谷折り、100近い工程を経て仕上げた紙ヒコーキはコックピット付きのスペースシャトル型。
40メートルも飛んだそうで、なかなか大したものです。
この子達の将来が楽しみです。

そこでいつものように突然の企画。

『今からでも間に合う!夏休みカナダ操縦体験』
自由研究に飛行機の操縦法を研究してみよう!
お父さんの肩を揉め!お母さんの家事を手伝え!そしておねだりするんだー!
将来パイロットになりたい!って。
だから今からバンクーバーに連れてって!って。

私エムも小学生の頃にこんな体験が出来たら。。。

もっとマジメに生きてたんだろうなぁ。。。

新海副操縦士も子供の頃にコックピットに入れてもらった経験からパイロットを目指したわけですから。

お問い合わせは当ブログまで、日本語でどうぞ!


そして似たようなニュースを2つ続けて。


『離陸直後に搭乗ドア外れ、落下、ブラジル航空機』
ブラジルで離陸直後に航空機のドアが外れスーパーマーケットの窓に付いた日よけに落下。
幸い負傷者はいなかったようです。
ちなみに航空機はフォッカー100型機。79人が乗っていたそうです。

『離陸直前ドア脱落 けが人なし 与論空港でJAC機』
与論島で航空機の非常脱出用扉が離陸滑走直前に外れ、誰も座っていない客席に倒れてきた。
パイロットはすぐに離陸を中止、乗員乗客9名は全員無事。
航空機はサーブ340B型機。


両方とも8日に起きたニュースです。
離陸直後と離陸直前という事で、大事には至らなくてよかったです。
これがもし巡航高度で起きたら。。。
大変です。

これまたむかし聞いた話ですが、セスナのドアが離陸上昇中に開いてしまった話。
自家用免許トレーニング中の生徒がインストラクターとフライトに行ったときのこと。
離陸して上昇中、インストラクター側のドアが開いてしまいました。
飛行機をコントロールしていたのは生徒。
とっさに手が出てドアを閉めようとしました。
しかしその時インストラクターは、

「ドアなんか放っとけ!操縦に集中しろ!」

と、エライ剣幕で怒鳴ったそうです。
離陸直後、安全な高度に達するまでは何が起きても操縦に専念する。
インストラクターはそれを生徒に実体験?を通して教えたようです。

その話を聞いた直後、私は事業用の筆記試験を受けたのですが、こんな問題が出題されました。

問:離陸直後にドアが開いた時の対処方法は?
A.すぐに水平飛行に移りドアを閉める。
B.緊急着陸。
C.安全な高度まで上昇してから対処する。
D.上昇しながら対処する。

おかげ様で正解できました。

果たしてそのインストラクターは故意にドアを開けたのか?それとも偶然開いてしまったのか?
今となっては謎です。


おまけの画像『今日の我が家からの眺め』
その一
snowbirds_01


その二
snowbirds_02


その三
snowbirds_03

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
懐かしい思ひ出
そのインストラクターとはclassⅠの元某スクール校長をやっていたP・H氏では?もしそうならドアが開いたのは偶然か故意か、という答えは



故意にやってますよ彼は・・・。


なぜなら実際私もやられたから。違法行為かどうか疑わしいことかなりやってくれてました。他にも垂直降下状態までスピン入れてからリカバリーしたり、タッチダウン寸前まで普通の畑にフォースドアプローチしたり。ジェダイマスターみたいな人だったんで、私はかなり恐怖を克服されてしまった。
2006/08/12(土) 09:28:26 | URL | gato-negro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。