カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
手荷物検査   ◆Mの訓練日記
ロンドンでのテロ未遂事件以降、国際線では液体類が機内へ持ち込めなくなり、手荷物検査が非常に厳しくなったことは既にほとんどの方がご存知でしょう。
イギリス発着の便では航空券やパスポート、貴重品など必要な物以外は機内へ持ち込めないようです。
ロンドン・ヒースロー空港をはじめ、イギリス国内の空港では依然と混乱が続いているとか、続いていないとか。
その影響で、行方不明になった手荷物がブリティッシュ・エアウェイズの乗客分だけで1万個。。。
混乱の凄さを物語っています。
きっと航空会社の担当者の方たちは、昼夜問わず荷物の選別に追われていることでしょう。

ご苦労お察しします。


突然ですが、私エムがバンクーバーから日本に一時帰国する際の荷物というと。。。


何もありません。(手ぶら?)


実家に帰れば着替えもあるし、生活必需品は家族のものを借りたり現地調達します。なので一時帰国の際はほとんど手ぶらで飛行機に乗りたいところ。
しかし、本当に手ぶらで飛行機に乗る訳にもいかない。
国際線に手ぶらで乗る人って、周りから見るとあやしい人です。
ですから一時帰国の際は、着替え一組、勉強するつもりも無いのに飛行機の教科書1冊、そしておみやげ用のお菓子を2、3個詰めて無理やり“荷物”を作ります。
それくらいの荷物ですから、カバンはそれなりに小さい物。
いわゆるショルダーバックです。

去年一時帰国した時、バンクーバーのチェックインカウンターで

係員「お預けになられる荷物はいくつですか?」

エム「ありません。」

係員「。。。」

エム「。。。ありません。」

係員「行ってらっしゃいませ。」

と、手荷物一つで日本に帰りました。

そして関空到着後、飛行機から降りて入国審査の列に並び、その後他の乗客が荷物が出てくるのを待っている中、一人だけ税関に直行します(預け荷物ありませんから)。

税関「本日はどちらからお帰りですか?」

エム「バンクーバーです。」

税関「荷物はそれだけですか?」

エム「これだけです。」

税関「。。。」

エム「。。。これだけです。」

税関「チョット、中身を拝見します。」

エム「どうぞ。」

ゴソゴソ、ゴソゴソ。

税関「ご協力ありがとうございました。」

他の乗客が荷物が出てくるのを待っている間、税関の職員さんは暇そうです。
そんな暇そうなところへ手荷物一つで帰ってきたエムは格好の獲物です。
ほとんど毎回、税関では荷物の中身を調べられます。

しかし預け荷物がないとスムーズです。

以前マイレージが貯まって、生意気にもビジネスに乗ってしまった時、座席番号は“1”でした。
つまり最前列。
関空に到着して1番に飛行機から降りることが出来て、そのまま手荷物一つで税関を通過。
飛行機が関空に着陸してから15分後にはバス停でバスを待っていました。最短記録です。


そして逆に日本からバンクーバーに戻ってくる時も手荷物一つ。
しかし帰りは少しだけ荷物の中身が増えます。
バンクーバーでは買うと少し高い日本食を少しだけ持って帰るからです。
お好み焼き粉、おたふくソース、てんかす、胡麻ドレッシング、ピエトロドレッシング、かつお節、そばつゆ、白だし、そして『ご飯ですよ』などなど。
そんな物を手荷物で持って帰ろうとしたので、手荷物検査では少々恥かしい思いをしました。

保安官「お荷物の中に、ペットボトル等の飲み物は入っていませんか?」

エム「飲み物は入っていません。」

ピーッ!(エックス線の手荷物検査機が反応)

保安官「エックス線でお荷物の中に液状のものが見つかりましたので、中身拝見します。」

エム「ん?液状?もしかしてドレッシングとそばつゆの事か?」

沢山の人が並ぶ手荷物検査場で、黙々とおたふくソースとドレッシングとそばつゆと白だしと『ご飯ですよ』をテーブルに並べるエム。

かなり恥かしいです。

保安官「中身確認のため検査機で調べます。」

黙々とおたふくソースとドレッシングとそばつゆと白だしと『ご飯ですよ』をペットボトル専用検査機に乗せる保安官。
エムと目を合わせようとしません。
保安官の肩がかすかに震えているように見えました。
笑いをこらえているのかっ!

保安官「ご協力ありがとうございました。」

エム「お疲れ様です。。。」


それ以来、日本からバンクーバーに戻ってくる際の関空での手荷物検査は憂鬱で仕方ありません。
でもロンドンでの未遂事件以降、液状のものは機内に持って入れないということは、今度帰国する際は全部預けないといけないのか。。。
そうするとチェックインして荷物を預けたら、本当に手ぶらになるのか。

手ぶらで搭乗ゲートに並ぶのも何だか格好ワル。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。