FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヒコーキ教室 低学年編の続き   ◆Mの訓練日記
パソコンの前のお友達!こんにちは~!
(こんにちは~!)
今日もお兄さんと一緒に、ヒコーキについて勉強してみよう!
ハ~イ!
おっ!りえちゃん元気が良いねぇ。
あきた。
さとしくん、あきるにはまだまだ早いぞ!

きのうのふくしゅうをチョットしてみよう。
ヒコーキが前に進むと、ヒコーキについているつばさは空気を下に押し下げる。空気がつばさに押し下げられたとき、その空気はつばさを押しかえそうとして、つばさを上へ持ち上げる。
この空気がつばさを上へ持ち上げる力のことを『ようりょく(揚力)』ってよぶところまで勉強したね。
ヒコーキが重いと、ようりょくはたくさんいるね。
りえちゃんの言うとおり、ヒコーキが重ければ重いほど、揚力はたくさんひつようになってくる。
つばさがたくさんの空気を押し下げなあかんのや。
そう、そう。たくさんの空気を押し下げるほど、揚力は大きくなるね。
じゃ、どうやったら一度にもっとたくさんの空気を押し下げられるかな?
つばさをもっと大きくする!
そうだね!それから?
それから?
それから、なんやねん?
スピードを速くするんだよ。
スピード?
つまり、ヒコーキがもっと速く前に進めばいいんだね。

ヒコーキがもっと速くすすめば、もっとたくさんの空気を押し下げられるの?
そういうことだよ。
ん~?
チョットむつかしいかな?
ん~?
じゃ、学校でのそうじの時間を思い出してみよう。
そうじはキライや。
そうか、さとしくんはそうじがキライか。
じゃ、りえちゃんにホウキを使って、教室のそうじを一人でやってもらおう。
え゛~、マジむかつく。

一分でどれくらい教室の床がきれいになった?
半分の、半分くらい。
そうか。4分の1くらいってところか。
それじゃ、今度はさとしくん。
イヤやって言うてるやん。
やってみよう♯
しゃーないなぁ。

一分でさとしくんはどれくらいそうじできた?
教室の半分や。
おっ!すごいねぇ。これからそうじはさとしくんの仕事だな。
いっつも家でやってんねん。
そうか。。。

それじゃ、りえちゃんとさとしくんのそうじの仕方のちがいはなんだろう?
おれの方が掃くの速いで!
そうだね!さとしくんのほうがホウキを動かす速さが速かったんだね。
だから同じ一分でも、りえちゃんの2倍のゴミを掃くことができたんだね。
ホウキがもっと大きかったら教室全部きれいにできたで。

ヒコーキのつばさも同じこと。
前にすすむ速さが速くなればなるほど、つばさはもっとたくさんの空気を掃く、つまり押し下げることができる。
だから、揚力ももっとおおきくなるんだ。
つばさも大きくして、もっと速く飛んだら、もっと、もっと揚力は大きくなるんか?
そうだね、とても大きな揚力になるね。
ジャンボジェットのつばさは大きいし、前にすすむ速さもメッチャ速そうやな。
そうだね、飛行場から飛び立つときの速さは新幹線くらい速いね。
おぉ~っ

でも、揚力は大きければ、大きいほどいいの?
りえちゃん鋭いねぇ。
ヒコーキのつばさを押し上げる力の『ようりょく(揚力)』はヒコーキの体重を支えられるだけで十分なんだ。
ヒコーキの体重が1トンだったら、揚力は1トン持ち上げられる力があればいい。それ以上の力はいらないんだね。
フゥ~ン。
それは、あれか?ヒコーキのつばさをそんなに大きくせんでも、スピードを速くしたらええってことか?
そう!その通り。
逆にいえば、つばさを大きめにしておけば、スピードはゆっくりでも良いってことだね。
ツバメのつばさが小さいのは、ツバメが速く飛ぶから?
そうだね!ツバメは速く飛びたいから、つばさを小さくしたのかもしれないね。
そうじとおんなじで、あんまりホウキが大きいと、速く掃くのはしんどいからなぁ。
どれくらいの重さのヒコーキを、どれくらいの速さで飛ばしたいかによって、つばさの形や大きさがかわってくるんだね。
ジャンボジェットみたいな重そうなヒコーキ飛ばすには、あんなにゴッツイつばさを新幹線くらい速く走らせなアカンのか。
たいへんやなぁ~。

だからエンジンが4つもついているのかもね。

ふたりとも、だんだんわかってきたみたいだね!
~。
なんとなぁ~く。

じゃ、まとめてみよう。

ヒコーキのつばさは空気を押し下げながら前にすすむ。
すると押し下げられた空気はつばさを押し上げようとする。
この押し下げられた空気が、ヒコーキのつばさを押し上げる力のことを?

ようりょく!

じゃ、ようりょくはどうやったら大きくなる?

つばさを大きくする!

それから?

ヒコーキのスピードを速くする!

ようりょくはどれくらいの大きさがひつよう?

ヒコーキの体重分だけひつよう!

速く飛べるヒコーキほどつばさの大きさは?

小さくても良い!

つばさが大きいヒコーキほどスピードは?

ゆっくりでも良い!

そーゆー事にしといたるわ。
ボコッ!
ウッ。。。

これでみんなのじゆうけんきゅうはバッチリだね!
まだわからないことがあったら、エムお兄さんに何でも聞いてくれ!

それじゃ!さよ~なら~!











おつかれさまでした。
おつかれした。
ハイ、お疲れ~。( `Д´)y━~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。