FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
生まれました。   ◆Mの訓練日記
生まれました。

安倍新内閣総理大臣の誕生です。

初の戦後生まれの総理大臣です。

最年少総理大臣です。

期待を持って暖かく見守って行きたいと思います。



そしてもう一つ生まれました。


何が?


って子供です。


赤ん坊です。


子供が生まれたんです。

予定よりも6週間も早く。

想定外。




























機中で「出産」、緊急着陸前に 乗客の医学生ら助ける
2006.09.26
『CNN日本語ニュースより』

ロンドン――英ブリティッシュ・エアウェイズは25日、ロンドン発、米ボストン行きのフライトで乗客の女性が出産する一幕があった、と発表した。同社は、妊娠36週間以上の女性の搭乗を断っているが、女性は予定より6週間早い出産だった。
同航空は、乗務員は出産の手助けの訓練を受けているが、機内での新生児誕生は極めてまれとしている。
機長は、この事態を受け、カナダ東部のハリファクスへの緊急着陸を決断したが、女性は着陸直前に出産した。乗務員と、医学生とみられる乗客2人が助けていた。他の乗客も、「出産場所」を確保するため、席を移るなどの協力を申し出た。
ハリファクスに到着後、母子は地元の病院へ運ばれた。


私の子供ではありません。念のため。


初めて知りましたが、妊娠36週を過ぎた女性の搭乗は断られるそうです。
36週と言えば大体9ヶ月くらいでしょうか。
機内での出産になるかもしれないというリスクと胎児に及ぼすかもしれない影響に配慮しての規定でしょうか。
しかし今回のケースは予定より6週間も早かったための想定外でしょう。

何はともあれ、無事に生まれたようでよかったです。

そして出産の手助けの訓練を受けているというブリティッシュ・エアウェイズの乗務員。
客室乗務員の出産手助けの訓練って、どこのエアラインでもやっているのでしょうか?
チョット不思議に思ってしまいました。
でも確かに資格のようなものでなくても訓練を受けた乗務員が乗っていれば、妊娠中の女性にとってはとても心強いのではないでしょうか。

きっと少なからず妊婦さんからの問い合わせはあるはずでしょうから、航空会社各社それなりの対応を用意してあるの?

何も知らない私。

この手の情報に疎いのは身近に妊婦さんがいないから?
妊婦さんの間では常識?


ではパイロットはどうなのか?
女性パイロットはもはや珍しくありません。
カナダの規則では妊娠30週まで飛行機を操縦できます。
つまり妊娠30週の女性機長。

妊娠とか子供の話には縁の無いエムなので、妊娠30週がどのようなステージなのか検討がつきません。
とりあえず本に書かれている理由は、妊娠30週を過ぎると妊娠がパイロットとしての能力に影響を及ぼすという訳ではなく、純粋にお腹の中の胎児への影響を考慮しての規則です。

知人の奥さんが11月に出産予定です。
今度会ったら飛行機に乗る時の事や航空会社の対応について色々聞いてみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。