FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
憂天気予報のパイロット   ◆Mの訓練日記
皆さんこんにちは。
M改めエム、更に改め先日からややハイテンションな「憂国のパイロット・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



この2日ほどカナダの天気予報の現状や将来を憂え嘆いているヱムです。



エルニーニョねぇ...



今年のカナダの冬は雨が少ない?
テレビでもインターネットでもみんなそう言ってたんだけどねぇ。



でもバンクーバー周辺に限って言えば...



例年以上に雨が降っているような気がする。
エルニーニョは何処へやら。

先週はほぼ毎日雨。
風も強くて台風のような大雨でした。

今週も長期予報ではほぼ毎日雨。
天気予報もなんだかヤケクソのようにずっと雨って予報してます。

たしか今朝まで今日も一日雨って言ってました。
一日中、しかも大雨が降るって今朝の天気予報では言ってました。



大雨ねぇ...



でも午後から青空でした。
今日は天気予報、とてつもなくハズレました。
ちなみに今日はバンクーバー・ダウンタウンで「サンタクロース・パレード」があったんです。



せっかくのパレードも雨だとねぇ...



と思っていたのですが、見事に晴れました。
奇跡です。

サンタクロースミラクル
良かったねぇ...


ただし風は一日中強かったですが。

風といえば、日本では乱気流で怪我人が出たようで。



上海発バンクーバー行きエアカナダ38便(B767-300)が乱気流で機体が揺れ、成田空港に緊急着陸。
客室乗務員1人が重傷、3人が軽傷。

神戸発羽田行きJAL1348便(B777)が乱気流で大きく揺れ、乗客の男性と客室乗務員の女性が軽傷。

徳島発羽田行きJAL1442便(A300)が乱気流で揺れ、客室乗務員の女性がコーヒーやスープをこぼして両足に軽いやけど。


乱気流は目に見えないだけになかなか予測が難しいとか。
飛行機に装備されたウェザーレーダーをもってしても読み取るには熟練が必要と何かに書いてありました。
経験が必要ってことでしょうか。

富士山の上空は乱気流が発生しやすいようです。

1966年3月に富士山上空で英国航空B707型機が空中分解するという事故が発生しました。
事故当日は雲一つない快晴。そこで事故機の機長は飛行コースを変更して日本の名物富士山を乗客に間近で見せてあげようとしました。
しかし機長のサービス精神が仇となり機体は富士山上空で乱気流により空中分解。

この事故の前から日本のエアラインパイロットたちは富士山を避けていました。
でも事故機の機長は外国人。
知らなかったのでしょう。
それ以来、富士山にはどのエアラインも近づきません。



多分...



でも以前ヱムがバンクーバーから某エアラインで関空に帰国した時、思いっきり富士山の真上飛んでました。
丁寧に機長アナウンス付きで。



きれいだったなぁ...



カナダ人の客室乗務員や乗客は、

「Gorgeous!(ゴージャス!)」

って喜んでました。
今思えば、

(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


多分その時の機長は乱気流を予測する名人だったんですよ。
その日は富士山上空に乱気流はないって確信があったんですよ。



多分...



しかし天気予報は当たらないねぇ。


ちょっとカナダの天気予報を憂えるってみよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。