FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
EpisodeⅥ Return of M(1)  ◆Mの訓練日記・リターンズ
皆さん、こんにちは。
M改めエム、更に改め「憂国のインストラクター・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



2006年1月末。
Ftecが無くなってしまった後のMは不本意ながらトレーニングを一時中断。
新たにフライトスクール探しを始めました。


その際に迫られた選択。

①インストラクターコース修了後に雇ってくれそうなフライトスクールを見つけて転がり込み、そこでコース修了を目指す。

②取り合えずインストラクターコース修了を優先してコース修了後に仕事を探す。


①は前回も書いた様なよくあるパターン。
利点はコース修了後にはそのスクールで働く事が出来るかもしれない。
トレーニングを通してフライトスクールの校長先生や関係者たちに自分をアピールするチャンスが与えられる。
「俺ってこんだけ頑張ってんだぜ!」
って。
突然履歴書を持ってやって来た人よりもそこの学校でトレーニングしてインストラクターになった元生徒の方が学校側も多少信頼できる。

難点はインストラクターの数が十分に足りているフライトスクールだと入学すら断られる。
ただしMにとっては新しい学校に移って新しい先生とトレーニングするのでもう一度最初からやり直しになる。
時間とお金が更にかかる。


②は取り合えずインストラクターになってしまう。
利点は取り合えずトレーニング終了に集中できる。
不幸中の幸いというか、なんというか、Ftecが消滅する1ヶ月前からMをトレーニングしてくれていたインストラクターはMr.S。
以前ココにも登場したMr.SはFtecでMをトレーニングしつつ、某エアラインのキャプテンもして更に彼自身が経営するフライトスクールの校長でもあります。

...?

と思う方もいるでしょう。
どういう事かというと、色々事情があって2005年12月1日からMr.SはFtecに非常勤講師として招かれMをトレーニングしていたのです。
なのでMr.SとFtecは無関係と言っちゃぁ、まぁ無関係なのです。
なのでFtec消滅はMr.Sにとっては何の影響も無い。
Mr.Sの学校へ行けば引き続きMr.SがMをトレーニングしてくれる。
が、しかしMr.Sのフライトスクールはとても小さい。
彼と彼の家族で切り盛りしているフライトスクール。
コース修了後のMを雇う余裕など到底無い。
つまりインストラクターコースを修了する事は出来るだろうが、終了後には履歴書を持って仕事探しをしなければいけない。
それが難点。


そこでMの選んだ選択は②。


取り合えず何はともあれ早くインストラクターになりたかった...
フライトインストラクターの仕事なんてこれだけ沢山のフライトスクールがバンクーバー周辺にあればどっかで見つかるだろう。と安易に考えていました。
もともと楽天的な性格。
重大な局面においても楽天的過ぎたM。
この選択が後々後悔する事になるなんてその時は全く予想もしていませんでした...


Ftecが無くなくなったのが2006年の1月末。
Mの予定では3月末までにはインストラクターのフライトテストに合格するハズでした。
そして4月から職探しの予定。





が、しかし...





前述したようにMr.Sはエアラインパイロットとフライトスクール校長という2つの職をこなす超多忙な人。
週5日はラインパイロットで残り2日がフライトスクール校長。
なかなかMの面倒は見れません。
週に2回あったトレーニングがいつの間にか週1回、そして月2回になりとうとう月1回のペースに...
これでは予定通りスケジュールが消化できません。

フライトテスト3月末の予定は4月になり、5月になり、そして遂に未定になり。

7月にはとうとう30歳の誕生日を迎えてしまいました。
その時が一番ブルーだったM。
白髪が1本生えました。


いつの間にやら季節は夏から秋に...


その頃にはMは半分諦めモード。
遂にMr.Sから、

「俺は忙しいから他のインストラクターとトレーニングしたらどうだ?」

って8月になって提案されても...

それってMr.S自ら戦力外通告ならぬ戦力外宣言ということでしょうか。


「俺はもうダメだ...」


って。




Mは一体いつになったらインストラクターになれるんだ...




つづく...

いいですか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。