FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今年最後の200回目の   ◆Mの訓練日記・リターンズ

皆さん、こんばんは。
M改めエム、更に改め「憂国のインストラクター・ヱム」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



最近この「憂国」はクドイと感じているヱムです。



2006年も残すところ今日一日となりました。
皆さんにとって今年はどんな一年だったのでしょうか?
私ヱムにとっては良い事も悪い事もあった一年でした。


今年最後の「Mの訓練日記・リターンズ」。
2006年最後のエントリーであり、記念すべき200回目のエントリーです。
キリの良いところで新年を迎える。
これってヱムの計算?
ヱムって奴はそんな器用な人間ではありません。


偶然です。



それでは色々あり過ぎた2006年のヱムの3大ニュースの発表!!!



第三位 ジャ♪ジャンッ!


「フライトスクールFtec閉鎖」


全てはこれから始まりました。
これがあったから「Mの訓練日記」が始まった...
良かったんだか、悪かったんだか...
最悪の2006年の幕開けでした。


第二位 ジャ♪ジャンッ!!


「フライトテスト合格!」


このためにこの一年頑張ってきました。
長かったようで短かった...イヤッ本当に長い一年だった。
フライトインストラクターになるのに普通1年以上もかかりませんよ。本当。
これはヱムの不運が成した偉業です。


そして第一位 ジャ♪ジャンッ!!!


「フライトスクールに就職内定!」


一時はどうなるかと思われたヱムのパイロット人生。
「飛べないヱムはただの豚だ...」
と誰かが言っていたようないなかったような。
終わりよければ全て良し。とはよく言ったもので、まさしく今のところヱムの状況はそんなところです。


しかしこれも全てヱムの周囲の人たち、このブログを読んでくれている人たちのお陰です。
人間、感謝する心を忘れてはいけません。


来年もどうぞ「カナダへの航空留学」をどうぞよろしくお願い致します。


と、私事ばかり書いていては面白くありません。
この一年、「Mの訓練日記」では航空関連のニュースも数多く紹介して来ました。
その中でも今年一番にヱムのツボにはまったニュースが最後に飛び込んで来たので引用させて頂きます。



1文字違いで1万3千キロ離れた場所に 寒さに震えた独青年
2006.12.30「CNN日本語版より引用」


ベルリン──年末年始の休暇4週間をオーストラリアにいるガールフレンドと過ごすため、ドイツのトビー・クートさん(21)は今月23日、南半球の気候にあわせて、ジャケットの下はTシャツと短パンという軽装で、飛行機に乗り込んだ。ところが、到着したのは、オーストラリアから1万3000キロも離れた、寒さが厳しい米国北部モンタナ州の小さな町。ボクはナゼこんなところに…?
原因は、クートさんがインターネットで手配した航空券。オーストラリアのシドニー(Sydney)行きのチケットを購入するはずが、入力を1文字間違え、モンタナ州のシドニー(Sidney)行きとしていたという。
クートさんの航空券は、ドイツから米オレゴン州ポートランドを経由し、モンタナ州ビリングスで乗り換えて、シドニー(Sidney)に向かうものだった。クートさんは、シドニー(Sidney)行きの国内線に乗り換える時になって初めて、間違いに気付いたという。
モンタナ州のシドニー(Sidney)は、ノースダコタ州境に近い人口約5000人の町。
クートさんは寒さに震えながらビリングスに3日間滞在し、ドイツの家族と友人に送金してもらった600ユーロ(約9万5000円)で、改めてオーストラリアのシドニー(Sydney)行きの航空券を購入。
ドイツ紙ビルトに、「なんでこうなったのか。でも、何も言いたくない。とにかく、米国経由でオーストラリアに行けるんだ、と自分に言い聞かせた」と語っている。
クートさんの母親ザビーネさんは、ロイター通信に対し、「息子はいつも、コンピューターをうまく使っているから、間違いに気付かなかった」と話している。



今年最後で一番ツボにはまったニュースでした...
ヱムも以前に成田からバンクーバー行きのチケットをインターネットで手配してトロント経由バンクーバーだった経験がありますが(「上空通過」参照)、この人はそれ以上です。


インターネットはとても便利な道具ですが、皆さん使い方には是非気を付けて下さい。


このブログも使い方を間違えるとヱム始め、titmouse氏、NHK氏みんなあらぬ方向へ突っ走ってしまいそうです。



それでは皆さん、今年一年本当にありがとうございました。



では良いお年を!!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。