カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
窓側族   ◆Mの訓練日記・in Japan
「日本への航空留学」をご覧の皆さん、こんちは。
M改めエム、更に改め「憂国のインストラクター・ヱム in Japan」です。



憂国
国の現状や将来を憂え嘆くこと。
「―の士」
◇三省堂提供「大辞林 第二版」より◇



日本から初更新です。

京都から初更新です。

実家から初更新です。


では今日は帰国時のフライトの話を少し。

カナダ・バンクーバー国際空港を出発したのは2月7日の12時25分。
搭乗機はエアカナダのB767-300。
毎回飛行機に乗るときは窓側に座ります。
なぜなら外が見たいから。
今回も例に漏れず窓側をリクエストして即オッケーを貰いました。

通路側の席を好む人も多いでしょう。
トイレに立つ際に隣席の人に気を使わなくて良いからでしょうか。
確かに窓側に座ると毎回席を立つ際には隣の人に退いてもらわないといけません。

非常に気を使います。
なので窓側を敬遠する人は多いでしょう。

でもそんな事よりヱムは窓から外の景色が見たい。
主翼のエルロンやフラップが稼動している所が見たい。
乱気流でバタバタ揺れる翼端が見たい。


そして今回のフライトでは面白い光景を目にすることが出来ました。


バンクーバー国際空港を離陸後、しばらくいつものフライトで見慣れた風景が続きました。
バンクーバー・ダウンタウンを右手に見ながら上昇、バンクーバー島に沿って北上していきます。
あいにく天候が悪く途中からずっと雲の上で地上は何も見えなくなりましたが...
しかし雲の上を飛んでいて気付いたことがありました。
雲に影が映っています。

一筋の黒い影。

窓から見ると真っ直ぐ機体後方へ伸びています。
最初はなんだか分かりませんでしたが、遠くに平行して飛んでいた飛行機を見て気が付きました。

飛行機雲の影。

遠くに平行して飛んでいた飛行機が飛行機雲を従えて飛んでいました。
ならばヱム搭乗機も飛行機雲を従えて飛んでいる筈。
影の正体はやはりヱムが乗っていたB767の飛行機雲の影でした。
ヱムの座席は進行方向右側。
つまり飛行機が西に向かって飛んでいたので窓は北側になります。
ということは太陽は左側。
なのでヱムの窓から見える北側に自機の飛行機雲の影が眼下の雲に映っていたのでしょう。

更に窓から少し上を見ると飛行機雲の残骸らしき薄い雲の層が、ヱムの搭乗機と同じ方向に向かって筋になって伸びていました。
先行機が残した飛行機雲でしょうか。
それと関係があるのかどうか、ベルトサインが点滅してコックピットからアナウンスが入りました。

「この先しばらく揺れるのでベルトを着用してください。」

アナウンス後しばらくして揺れ始めました。
恐らく飛行機雲の主である先行機が揺れの情報を送ってきたのでしょうか。
だとしたら関空行きの数分前に離陸していった成田行きのA340に違いない。


かなり進んで日本上空での景色。


到着2時間前になり眼下に陸地が見えてきました。
日本の何処かでしょう。
至るところに飛行機雲の残骸を目撃。
頻繁に飛行機が行き交っています。
大空といえども空は意外と狭い。
窓から目を凝らすと結構沢山の飛行機を見つけることが出来ます。
遠くに飛んでいる飛行機を見つけては心の中で、


「I Have a Traffic Insight...」


なんてつぶやいてみたり。
危ない人です。

通常飛行機は巡航時だとマッハ0.8とかで飛んでいるのでしょう。
でも窓からの景色だけではなかなかそんな高速感は味わえません。
もし正面から飛行機が同じ速度で向かってきたら相対速度はマッハ1.6。
つまり音より速く接近してくることになります。
もし同一コース上で向かい合うような事になれば、人間の目だけでは回避不可能でしょう。


そんな事をボーッと考えていたその時!


遠くに飛行機を発見しました。
ヱムの搭乗機より少し低い高度のようです。
どうやらこちらに向かってきている様子。
次の瞬間搭乗機は左に緩いバンクを取り始めました。
その時!遠くに見えていた飛行機は「...っ」という間に


...JLのB747-400!!!...


って、接近して左バンクを取りながら真下をすり抜けていきました。


飛んでいるB747-400をあんなに間近で見たのは生まれて初めて。
テレビ・コマーシャルみたいでした。
って言うか...
ニアミス?
ニュースになっていないところを見ると、問題は無かったのでしょう。
多分ヱムの搭乗機もすれ違ったJ∧LのB747-400も巡航中だったので高度差は最低でも1000ftはあった筈。

でもビックリしました。

でもなんだか得した気分。

日本の空は混んでました。

ヱム以外客室では誰もこの接近に気付いていなかった。
帰りも窓側に座ろっ。


あっ、帰りのフライトは夜だった...
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
飛んでいるB747-400を間近で見た
私は飛んでいるB747の上を飛びました。しかも初めてソロで行ったアボツフォードで。管制官の言っている事が分からなくて、気がついたら下にB747が飛んでいました。管制官から「B747が見えるか?」と聞かれ、「ト、ト、トラフィックインサイト」と答えた記憶がよみがえってきます。

オフ会は開催できそうですか?。15日開催なら京都でも大阪でも参加できます。電車に乗って行きますよ。
2007/02/12(月) 07:11:24 | URL | MegaMac #-[ 編集]
オフ会日程
オフ会の日程なのですが、皆さん18日(日曜日)はいかがでしょうか?
MegaMacさんには申し訳ないのですが残念ながら、15日は私がムリなのです。

このコメントをご覧の方で18日夕方参加可能の方はぜひ大阪までお越しください。場所と正確な時間はおってご連絡します。
飲める方も飲めない方も健康的に飲みましょう。
2007/02/14(水) 00:08:10 | URL | ヱム #-[ 編集]
B747-400です。
飛行機占い、やったらB747-400って言われました。今日のラッキーは「無頼派を気取ってみる」なのですが、どうやったらよいものやら。。。

お願いしたブツはご自宅に届きましたか?お帰りお待ちしておりまーす。
2007/02/15(木) 13:59:42 | URL | エス #sfQLks0g[ 編集]
解かる人にしか解からない。
ブツは手に入りました。

予定通り届けます。

先日は一家で再度上京。
2007/02/17(土) 04:15:47 | URL | ヱム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。