FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
異空間YVR   ◆Mの訓練日記
昨日の午前中はバンクーバー国際空港にいました。

これから旅行へ行く人や旅行から帰ってきた人、それを見送る人に迎える人。
その人たちを相手に空港で仕事をしている人などなど。
特に国際空港は世界中から人が集まり、また世界中へと人が移動していきます。
そこには我々の普段の日常には無い日常があるのでは。

それ故に空港という場所はとても特殊な空間だと思います。
空港を訪れる人たちはみんな少なからず緊張しているか興奮しているか、あるいは疲れきっているか。

到着ロビーに1人の男性がいました。

誰かを迎えに来たのであろうその男性はスーツにネクタイ、片手に花束を持っていました。
待っている相手は女性でしょうか。
少し緊張しているようで、時計を見てはあっちへウロウロこっちへウロウロ。

私の頭の中に映画のような再会シーンが浮かびます。

駆け寄る男と女。
そして熱い抱擁。。。

日本人の私にはとてもマネできる代物ではありません。

しばらくして男性が満面の笑みで誰かに手を振っています。

おっ、彼女が出てきたのか?!
どんな人?

しかしそこに人波を掻き分けて駆け寄る女性の姿は無く、疲れきった様子でカートを押す女性の姿が。。。
男性は片手に持った花束を背中に隠しつつ彼女のところまで行き何かを話し掛けていますが、彼女に笑顔は無く目の前に差し出された花束にも無関心。
男性が一方的に軽い抱擁をして再会終了。
カートを押してあげようとする男性にも彼女は気付かず、そのまま彼女がカートを押して行きました。
せっかくの花束は彼女の手には渡されず、荷物の上に乗せられたまま。。。

これが現実かぁ。。。

もう1つ不思議なグループに遭遇しました。
やはり誰かを出迎えに来ていたのでしょう。
一見するとそのグループ、カナダ在住の中国系ファミリー。
しかし時間が経つにつれ色々な人がそのグループに合流してきます。
白人の人、東南アジア系の人、さらに日本人も。

明らかに学生ではありません。
職場の仲間?
それとも多国籍な家族?

とうとう専属カメラマンまで現れました。

新婚旅行を見送った家族、同僚がお迎えにも来ちゃった状態。

一体誰を迎えに来たんだ?

しばらくして待ち人現る。

熱狂的歓迎を受けるフツーの中国系サラリーマン達。
紺のスーツに青いネクタイの中国系サラリーマン1人。(`Д´)
カートに山盛りダンボールの中国系サラリーマン1人。(`Д´)
何故かリュックを前に背負う中国系サラリーマンも2人。(`Д´)(`Д´)

みんなで記念撮影が始まりました。
きっとスゴイ人達なんですよ。

でも何者だったんだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。