FC2ブログ
カナダ・バンクーバー地域で活躍するフライトインストラクターたちのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
玄人   ◆Mの訓練日記
雨のバンクーバーから今日も飽きずにブログの更新。
しかし天気悪いですね。

昨夜、勇気を出して「性転換ドキュメンタリーBlog」を少し読んでみました。

。。。複雑な心境になりました。
アブナカッタ。。。

「萌え」という言葉が日本では流行っているようです。
女性の仕草や服装、言葉、行動に萌える要素があったとき、男性は「萌える」そうです。

例えばローライズのズボンからわずかに見える下着とか、看護婦さんがカーディガンを羽織ってコンビニで買い物している姿とか、うしろから呼びかけて振り向いたときの女性の表情など。

一般ウケする「萌え」から、

牛丼屋へ1人で入っていこうとする女性の姿。

のようになかなか素人には理解できない「萌え」まで、人それぞれにいろいろなシチュエーションがあるようです。

個人的には

「30代後半~40代前半、独身キャリアウーマン彼氏なし」

に萌えてしまいます。

幸い私は性転換中の男性には「萌え」ませんでしたが。

頭のおかしい人と思われるのは承知の上で、共感してくれる人は少数であろうMのフライトスクールに潜む「萌え」シーン。

無線から聞こえてくる女性管制官の声。
ネクタイを結ぶのに悪戦苦闘している女性パイロット。
普段は制服を着ている女性が、私服(スカート)で現れたとき。
大柄な男性の生徒と飛行機から降りてくる小柄な女性インストラクター。
計器飛行用のフードを頭に被った姿。

他の男性から見て、

「何でこんなんに萌えんの?」

と言われるシチュエーションに萌えれる男ほど「萌え」の玄人らしいです。

私は立派な

萌え玄人かも。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はてな

かなり、個人的な感情というのか、萌え と思うものは、人それぞれなんでしょうが、けっこう大部分は、なんか分かるような気がするんですが、最後の
計器飛行用のフードを頭に被った姿っていうのは、やっぱり理解に苦しみます。
顔はおろか、表情もほとんどわからないと思うんですけど、 でもそういう見えにくいけど、ちょっとした隙間から表情が見えるのがいいんでしょうかねえ。

まあ、萌え素人ということですかね。
2006/04/14(金) 05:59:09 | URL | Wow Wow #-[ 編集]
私的には
確かに最後のフード被った姿に萌える人は少ないでしょう。。。
イメージ的には目隠しをされ、インストラクターに言われるがままコントロールするしかないという従順で少しケナ気な女性という事でどうでしょう?
あまり多くを語ると今後避けられてしまいそうなのでこれくらいにしておきます。。。
2006/04/14(金) 12:28:56 | URL | M #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。